レッドシー リーファー 170 (オーバーフロー水槽)立上げ Vol. 5 HSBAO 水中ポンプ能力測定(海水水槽立上げ)

 先日ご報告させて頂きました通り、本日はHSBAO社の水中ポンプDEP-10000DEP-6000の能力測定を実施したいと思います。

 

DCポンプ HSBAO 水中ポンプ レッドシー リーファー  オーバーフロー水槽

 

レッドシー リーファーシリーズはサンプが狭いのですが、問題無く収まりました。

 

レッドシー リーファー  オーバーフロー水槽 DCポンプ 直流ポンプ HSBAO 水中ポンプ DEP-10000

キャビネット内はこのような感じです。

流量測定器を付けているので高さ方向ギリギリですが、なんとか収める事が出来ました。

 

過去にはレッドシーリーファーの環境を模擬して性能測定を実施させて頂いたのですが、その時はVP16を模擬配管として使用しました。

実際のリーファーはパイプはVP20サイズなのですが、ホース接続部の内径や下記パーツの最細部内径がφ13mm程度しか無い事が判りました。

レッドシー リーファー ノズル HSBAO 水中ポンプ オーバーフロー水槽 水槽 DCポンプ

前回記事と比較して確認頂けますと幸いです。

 

 

 HSBAO DEP-10000を能力測定

DEP-10000はレッドシー リーファー シリーズ350以下に使用できる最大寸法のポンプになると思います。

この上にはDEP-12000が有るのですが、最細部13mmφに絞り込まれるので、能力を無駄にしてしまう可能性有りますし、DEP-15000やDEP-20000は、そもそもレッドシー リーファー 170のサンプのポンプ室には入らないと思います。

 

過去実験結果よりレッドシー リーファー 170にはDEP-6000がお勧めと紹介させて頂いておりましたが、ホース接続サイズが内径16mmφで有るレッドシー リーファーの 350までは考え方が応用出来る為、まずはDEP-10000でテストさせて頂きます。

 

結果纏め

  流量 クーラー流量 電力量

100%出力(クーラー送水なし)

 28L/分

1,680L/時間

 

 64W

100%出力(クーラー送水有り)

25L/分

1,500L/時間

14.0L/分

 68W

66%出力(クーラー送水有り)

17L/分

2,700L/時間

12.1L/分

 39W

50%出力(クーラー送水有り)

17L/分

1,020L/時間

 

 25W

測定時動画紹介

考察

  1. 再細部内径が13mmφしか無いので、DEP-10000を使っても大流量を流すのは難しいです(本当の能力では5,000L/時間近い出力可能です)
  2. そもそもダウンフローパイプの内径が25mmφ程度しか有りませんので、リーファーの構造上、大流量を流すことは難しい(要求していない)と思われます。
  3. 1時間当たりの回転数6回を基準に考えると、レッドシー リーファー 250(90cmサイズオーバーフロー水槽)まではDEP-10000で対応可能と思います。
  4. レッドシー リーファー350で使用した時には、4.8回転/時間(クーラー接続無し)、4.3回転/時間(クーラー接続有り)の水量供給が可能となります。
  5. レッドシー リーファー240で使用した時には、6.3回転/時間(クーラー接続無し)、7回転/時間(クーラー接続有り)の水量供給が可能となります。
  6. レッドシー リーファー 170で使用した時には、コントローラーで66を選んで頂ければ6回転/時間(クーラー接続有り)になりますし、冬場等にクーラー側のバルブを締めて頂ければ50%出力で6回転/時間(クーラー接続無し)になります。
  7. 表をご覧頂いて判る通り、出力を絞ると使用電力量を大きく下がりますので、一般的なAC(交流)ポンプと違いDCポンプは省エネポンプになります。

 

 HSBAO DEP-6000を能力測定

このポンプがレッドシー リーファー 170の本命ポンプとなります。

運用もこのポンプで行う予定です。

 

結果纏め

  流量 クーラー流量 電力量

100%出力(クーラー送水なし)

 21L/分

1,260L/時間

 

 

48W

100%出力(クーラー送水有り)

18L/分

1,080L/時間

12.1L/分

 

49W

90%出力(クーラー送水有り)

17L/分

2,700L/時間

11.6L/分

 

44W

70%出力(クーラー送水有り)

17L/分

1,020L/時間

 

 

29W

測定時動画紹介

  1. 1時間当たりの回転数6回を基準に考えると、レッドシー リーファー 170には、DEP-6000が最適と思います。
  2. もし、もう少し余裕が欲しい方はワンサイズ大きいDEP-8000をお買い求め下さい。
  3. レッドシー ナノで使用した時には、10回転/時間(クーラー接続有り)、12回転/時間(クーラー接続有り)の水量供給が可能となります。

流量測定が終わりましたので、生体移植に向けて準備を進めたいと思います。

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!