魚にとっても、飼育者にとっても安全安心なアクアライフを過ごせるような、 デザイン性に富んだプロダクトや飼育を容易にする為の製品を世界中から探すと共に、 開発販売していきます。

楽天市場にて取扱を頂ける会社様大募集中です

ショップ様・インストーラー様等で、取扱を頂ける会社様大募集中です

Hsbao


製品を使うまで気が付かないのが騒音問題

製品を使っても気づかないのが電気代

 

両方の条件を満足する数少ないポンプをご紹介致します。

jebao hsbao ベスタウェーブ ファンタスティックウェーブ ウエーブメーカー サーキュレーター coralbox 水流ポンプ

Hsbao製品の主な特徴!!

・6ポールモーター採用の為、高トルクで力強い水流を生み出します

・基板をコントローラーに集約する事で高い耐久性を誇ります

 

 

COOLOOK®


  • フルスペクトルLED照明
  • 業界TOPメーカーであるCREE社のLEDチップを使用しておりますので、性能・耐久性は抜群。
  • 4ch7タイプの高効率 LEDを30球採用し90Wの能力。

自社オリジナル製品


コーラルフラグベース(サンゴフラグ台)

 

フラグサンゴを水槽壁面固定する為のベースです。磁石を使った固定で手軽にフラグサンゴを固定出来ます。2種類のサイズを用意

フランジレス水槽用背面濾過ボックス

 

外部濾過とも外掛けともオーバーフロー水槽とも違う背面濾過水槽を自作する為の背面濾過ボックスとなります。

この背面濾過ボックスを利用する事で

どなたでも簡単に背面濾過水槽を制作する事が出来ます。

フレームレス水槽用フランジ

 

地震時の漏水や生体の飛び出しを防止する為に高品質なアクリルを使用してフランジを作成しました。

まずは60cm標準用フランジからお届けします。

 

    最新ブログ



900サイズオーバーフロー水槽の配管でのDEP-8000配管実例

 

DEP-8000を購入頂いたお客様よりの問い合わせ

 

製品をご購入頂いたお客様より下記連絡を頂戴しました。

 

900×450×450のオーバーフローの水槽を立ち上げで DEP-8000を選択したのですが流量がかなり弱い様に思います。 クーラー経由で給水配管に接続しています。

 

当初お客様はポンプの故障と思い連絡を頂いたようです。

 

当方から

 

”クーラー経由配管という点が気になる事と写真等で配管経路等教えて頂けましたら、問題点指摘できるかも知れません。”

 

と連絡した所、以下の写真を頂戴致しました。

 

オーバーフロー水槽 HSBAO 水中ポンプ DCポンプ DEP-8000 配管
オーバーフロー水槽 HSBAO 水中ポンプ DCポンプ DEP-8000 配管
オーバーフロー水槽 HSBAO 水中ポンプ DCポンプ DEP-8000 配管

 

ご覧頂いて判る通り、クーラー配管含めて全てを塩ビパイプでとても綺麗に配管されております。

 

しかしながら、下記の2点が気になる旨連絡させて頂きました。

 

  1. 配管長が長く曲がりが多いので流量を損失している可能性が有る
  2. クーラーにより大きく流量を損失している可能性が有る

この状態を回避する配管計画を立てる事で、1,700L/H程度の流量は期待出来る旨連絡させて頂いた所、再度下記連絡を頂戴しました。

※この流量は推定値では有りますが、実測に基づいた推定値なのでかなりの確度で同様の流量が確保可能です。

 

簡単な図面有りませんか?これってポンプの故障では無いですよね?

 

お客様のお気持ちとても判ります。

 

水槽立上げをとても楽しみにしていたのに、ポンプから排出される水がチョロチョロとしか流れなかったら、それはがっくりされるでしょうし、故障と疑われて当然です。

 

配管接続無しにポンプを動かしてみて下さい。とお願いした所、下記連絡を頂戴しました。

 

問題無くすごい水流が発生している

 

この連絡を受けて、ポンプの故障では無く、配管計画に少し無理が有る事確信しましたので、頂きました写真を使う形で下記配管計画をメールさせて頂きました。

 

 

このブログでは何度か紹介させて頂いておりますが、まだまだ水槽用ポンプに関して一般のお客様が誤解されている点が多いように感じます。

 

ここに再び記載しますが、ポンプの購入判断や配管計画には以下3点を知っておいて頂くと良いかと思います。

 

  1. ポンプに記載されている性能曲線は残念ながら全く当てに出来ません
  2. クーラーを介しての直列接続は配管負荷が増大してしまい流量の大幅減に繋がります
  3. 流量は、ポンプの大きさと配管太さによって決定されます

上記3点を証明する為に各種ポンプの流量測定実験を行い公開しておりますので、このHPの一番上にも記載しておりますが、もし水槽用のポンプを購入しようと考えているお客様には是非このページをご覧頂けるようにお伝え頂けますと助かります。

 

その後”こんな配管計画で良いですか?確認して下さい”という一文と共に頂いた配管計画図が、とても見事な物でしたので紹介させて頂きたいと思います。

 

 

どうですか?

 

これすごいと思いませんか?

 

間違いなくプロレベルの方が書いたアイソメ図ですよね?

 

ポンプからのプレッシャーラインとクーラー経由後のプレッシャーラインの色も変更して記載されており、ひと目でどう配管するか伝わってくる。素晴らしい図だと思いました。

 

1週間後に再配管の結果を連絡頂きました。

当初配管と比較して新しく配管し直したら、3〜4倍程度の流量蔵しているように思える

 

そうなんです。

 

適正な配管計画をして頂ければ、ポンプが持っている能力通りの流量が出て当然なんです。

 

 

 

1ヶ月後に綺麗な写真と動画を頂戴しました

900サイズオーバーフロー水槽 DEP-8000 水中ポンプ DCポンプ 静か 大流量

 

とても多くのサンゴを飼育されておられます。

 

色鮮やかなサンゴをとても綺麗に配置されておられます。

 

900サイズオーバーフロー水槽 DEP-8000 水中ポンプ DCポンプ 静か 大流量

 

残念ながらライブロックに隠れて、ポンプは見えなくなってしまっていますが、順調に稼働しているようで、とても安心致しました。

 

 

 

※他にもポンプ流量が少なくって困っているお客様等いらっしゃいましたら、遠慮無くメール等で連絡頂けますよう宜しくお願い申し上げます

 

もちろん当方ポンプ購入頂ければ幸いです!!

 

今回は、ブログ公開に際して多大なる協力頂きまして本当に有難う御座いました!!

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

励みになりますので、下記リンクをポチッとして頂けると有難いです。

 

理由は全く分かりませんが、最近米国からのアクセスが非常に多いです。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "How to earn big flow by re-pipe."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント