· 

RedSea Reefer170(レッドシーリーファー170)用配管計画

 

ヤフオク質問欄からの問い合わせです

「RedSea Reefer170(レッドシーリーファー170)用にポンプを検討しているが、クーラーとの分岐を考えた接続方法について教えて欲しい」と言うものです。

 

ヤフオクの質問欄から沢山の質問を頂いておりますが、残念ながら添付ファイルが貼れないのと、文字数の制約からお伝えしたい内容が書ききれないケースが多く御座います。

 

「HP経由で質問頂ければ簡単な絵を書いてご説明します」と回答し、

再度メール経由でご質問頂きました。

ここをご覧の皆様も直接こちらに質問頂けますと幸いです。

info.saffdesign@gmail.com

 

 

ホース分岐アイディア

リーファーは最終的に内径16mmホースでの接続となりますので、 今回は配管計画では無く、厳密に言うとホース分岐アイディアの提供になります。

 

以前から何度か説明させて頂いておりますが、

 

ポンプ→クーラー→オーバーフロー管 

 

という接続はお勧めしておりません。 

 

クーラーの内部抵抗によって流量が抑えられ、ポンプの性能を制限してしまいますので、ポンプ直上で2分岐して接続する方法を提案させて頂きました。

 

*本当に流量が減るのか知りたい方はこのブログを確認頂けますと幸いです。

 

 

2種類の提案

1つ目はポンプに付属の接続用のホースコネクタ(内径25mm用)を使用する方法です。

 

ポンプ直上で内径16mmに絞ってしまうと、流量が極端に減ってしまいますので、水槽側とクーラー側に分岐するまでは出来るだけ太いホースを使うのがポイントです。


2つ目はポンプから塩ビパイプを使用して立ち上げる方法です。

TSユニオンソケットを使用することで、ポンプ直上で配管と切り離しが出来ますので、メンテナンスも楽です。

 

16mm給水栓ソケットとカクダイ樹脂製ホースニップルを使った塩ビパイプとホースの接続方法に関しては、こちらのブログに詳しく記載しておりますので、是非御覧ください。

 

正直どちらの方法でも、流量にわずかな差しか無いと思いますので、お好きな方法を選択頂ければと思います。

 


 

またホース部にエーハイム様のダブルタップやタカギ様のコック付きホースジョイントを使うと流量調整も出来ますし、機材の切り離しも簡単に出来ますのでお勧めさせて頂いております。

 

*流量調整はポンプ本体で可能ですが、クーラーへの流量バランス調整の為にはバルブが入っている方が良いと思います。

 

 

お勧めポンプサイズ

 ここまで記載して一番大事なポンプに関して記載するのを忘れてました。

 

今回お勧めさせて頂いたポンプはDEP-8000です。

このポンプは20,25,32mm内径用のホースコネクターが付属されています。

*接続可能塩ビパイプサイズはこちらを御覧ください。

*DEP-6000,DEP-10000も同様のホースコネクターが付属されています。

 

実験結果から、DEP-8000で有れば10回転/時間可能だと思います。

6回転/時間で良いという事で有れば、ギリギリDEP-4000でも良いかと思いますが、

余裕を持っている方が良いと思いますので、こちらのポンプをお勧めさせて頂きました。

 

もちろん間を取ってDEP-6000という選択肢も有ると思いますし、相当余裕を持ってDEP-10000という選択肢も有りだと思います。

 

DEP-8000の能力に関しては、このブログをご覧頂ければと幸いです。

 

ちなみにこのポンプで有れば、レッドシーリーファー250でも約7回転/時間は達成可能です。

 

 

当方の見立てるポンプサイズ

当方の見立るポンプサイズは水槽の大きさに対して大きすぎるのを勧めているのでは?

とご質問を頂きました。

 

声を大にして申しますが、「そんな事は全く御座いません」

 

当方取扱のポンプでも他社様のポンプでも、皆さんが「性能曲線図からこれ位の流量期待出来るかな?」なんて想定する流量は、実際の所出ていません。

*配管抵抗は無視できる数値では有りません。

 

6回転・10回転/時間と数値に縛られる必要無いとは思いますが、もし本当に6回転・10回転/時間等に拘るのであれば、是非実験結果を確認の上ポンプサイズをお決め頂けますと幸いです。

 

 新しく水槽立ち上げたいけど、ポンプサイズ選びや配管計画困っている方いらっしゃれば遠慮無く連絡頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

もちろん、当方からポンプを購入頂けますと幸いです。。。。

 

info.saffdesign@gmail.com