レッドシーリーファーへの配管接続方法

 

昨日ご紹介させて頂きましたレッドシーリーファーシリーズにお薦めのポンプサイズを紹介するブログをご覧になられた方から早速質問を頂きました。

 

ホースでは無く出来るだけ配管で接続したいのですが
お薦めの方法を教えて下さい。
クーラーへも接続したいので2分岐する方法も知りたいです。

 

こういった質問、大歓迎です。

毎日ブログネタ探しておりますので、皆様も何か質問御座いましたら遠慮無くメールでもブログへのコメントでも頂戴出来ますと大変有り難く思います。 

 

実験では、簡単なホースコネクターを使った分岐方法をご紹介させて頂きましたが、配管分岐の方が流量が多く流れる可能性が御座います。

※2分岐部分の太さが太いので、2分岐後の流量が増える可能性有り!

 

それになんと言っても格好良く仕上がります。 

 

早速レッドシーリーファー350サイズ以下に対応する、内径16mmのホースで接続する方法をご紹介させて頂きます。

 

レッドシーリーファー350サイズ以下への接続方法

※配管イメージです。

 

  1. 上方のホースコネクターを通じて水槽と接続します。(内径16mmホース接続)
  2. 右側のホースコネクターを通じてクーラーと接続します。(クーラーからの戻りホースは出来れば、水槽から落水してくる場所に戻して下さい:ショートサーキット防止)
  3. TS径違いソケットを使ってVP25→VP16へと一気に流路を絞り込みます。

 

必要なパーツは下記モノタロウのバスケットのスクリーンショットをご覧下さい。

 

※不足パーツが有る可能性も御座いますので、しっかり配管をイメージして必要パーツを購入下さい。

 

レッドシーリーファー425サイズ以上への接続方法

 

続いてレッドシーリーファー425サイズ以上に対応する、内径25mmのホースで接続する方法をご紹介させて頂きます。

 

※配管イメージです。

 

  1. 上方のホースコネクターを通じて水槽と接続します。(内径25mmホース接続)
  2. 右側のホースコネクターを通じてクーラーと接続します。(クーラーからの戻りホースは出来れば、水槽から落水してくる場所に戻して下さい:ショートサーキット防止)

必要なパーツは下記モノタロウのバスケットのスクリーンショットをご覧下さい。

 

※不足パーツが有る可能性も御座いますので、しっかり配管をイメージして必要パーツを購入下さい。

 

ポイントを幾つか紹介させて頂きます。

  1. 25サイズのTSユニオンソケットでポンプと接続する事で簡単にポンプと配管が切り離し可能です。(ポンプメンテナンス時にとても便利)
  2. 塩ビ配管からホースを接続する方法は何度か紹介させて頂いております方法を採用しています。
  3. クーラー側分岐の後にボールバルブを入れる事で、冬場のクーラーが不要な時期にバルブを締めてポンプ流量をコントローラーで調整する事で省エネになります。
  4. 給水管に繋がる部分にボールバルブを入れる事で、濾過槽メンテナンス後に濾過槽内のみで水を循環させる事が出来ます。
  5. 配管は全て塩ビ用接着剤を使用して接着して下さい。(TSユニオンソケットとポンプの接続部分はパッキンが入りますので接着不要です)
  6. ホースコネクターはシールテープを使って給水栓ソケットと接続して下さい。(漏水は最悪です!)
  7. クーラーへの配管も内径16mmホースで接続する事を前提に設計しております。
  8. 当方はレッドシーリーファーを保有しておりませんので、濾過槽の詳細が判りません。よって、寸法に合わせてエルボ等を使って配管を曲げて、水槽ラック内に収まるように施工下さい。下のイメージ図みたいにした方が良い可能性有ります。

 

もし、間違いやクーラー側の接続サイズを変えたいとか御座いましたら遠慮無く問い合わせ頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

皆さんの配管計画に少しでもお役に立てばと思います。

 

皆様良いアクアライフを!!

 

0 コメント

【決定版】レッドシーリーファーにお薦めのポンプサイズ【結果発表】

 

昨日ご紹介させて頂いたように、今回はレッドシーリーファーシリーズにお薦めのポンプサイズを探すように実験してみました。

 

実験方法

 

実験は売れ筋のDEP-6000とDEP-8000とDEP-100000の3種類で行いました。

 

実験方法は下記の通りの2種類です。

 

1. ポンプと送水管を直接ホースで接続する(内径16mmと25mmホース)

 ※16mmホースは直接接続出来ないので、内径19mmのホースを途中で変換しました

 

 

※直接接続試験写真

※写真からは見分けが付かないと思いますが、水槽に3台のポンプが写っています

 

2. 内径25mmのホースで水流を2分岐してクーラー側と水槽側に分岐する

 

※2分岐接続試験写真

※分岐方法は昨日のブログをご覧下さい。

 

※コントローラーを使って流量を調整した時の流量も計測しました。

 

 

結果発表

ポンプ名称 DEP-6000 DEP-8000 DEP-10000

内径16mmホース直接接続

 23.5L/分

1,410L/時間

27.3L/分

1,638L/時間

28.5L/分 

1,710L/時間

内径16mmホース2分岐して

クーラーにも送水

20.7L/分

1,200L/時間

23.2L/分

1,392L/時間

25.2L/分

1,512L/時間

内径25mmホース直接接続

45L/分

2,700L/時間

52L/分

3,120L/時間

57/分

3,420L/時間

内径25mmホース2分岐して

クーラーにも送水

37L/分

2,280L/時間

43L/分

2,580L/時間

46L/分

2,760L/時間

 

うーん。

 

判ってはいましたが、流量多く流れないですね。

 

原因は単純で、レッドシーリーファーはVP管接続では無く、誰でも簡単に接続可能なホース接続になってしまっているからです。

 

繋がるホースの内径は16mmや25mmですが
ホースコネクターの最細部の寸法は、とても絞り込まれています
内径16mmのホースが繋がるホースコネクターの内径は11.6mmです
内径25mmのホースが繋がるホースコネクターの内径は18.7mmです

 ※詳しくはこのブログを御覧ください

 

もしもっと流量が流れるようにしたいのなら、ホースコネクター部分を切って配管接続するしか手が無いと思います。

※自己責任でお願いします。

 

ホースコネクター部を無くせば、VP管サイズの実験の時と同様の流量流れますので、ざっくり1.2倍は流量が流れると思います。

過去の実験結果より

 

結果は結果ですので、このデータを元に型番別にお薦めポンプを提案させて頂きます。

※過去の実験データも利用します。

 

 

クーラー接続無し(直接接続)6回転/時間

レッドシーリーファー型番

総水量

(L)

お薦めポンプ型番

 Nano 105  DEP-2500
170 165 DEP-4000
250 244 DEP-8000
350 345 -
425 422

DEP-6000

450 440 DEP-6000
525 525 DEP-8000
ペニンシュラ500 500 DEP-8000
ペニンシュラ650 662 -
XXL625 625 -
XXL750 750 -

 

クーラー接続有り(ホースで2分岐)6回転/時間

レッドシーリーファー型番

総水量

(L)

お薦めポンプ型番

 Nano 105 

DEP-2500

(クーラー直列接続)

170 165 DEP-6000
250 244 DEP-10000
350 345 -
425 422

DEP-8000

450 440 DEP-8000
525 525 -
ペニンシュラ500 500 -
ペニンシュラ650 662 -
XXL625 625 -
XXL750 750 -

 -と記載している所は、お薦め出来るポンプサイズが御座いませんでした。

 

上の表を見て、なんで総水量が多いのに総水量が少ない水槽より小さいポンプをお勧めしているのか?と疑問を持たれた方は素晴らしい視点の持ち主です。

 

何度か記載させて頂いておりますが、そこが配管の太さの差によるものなのです。
太い配管で有れば、小さいポンプでも大流量流れるのです。
=ポンプ出力を絞れるので電気代が安く済むということです。

 

10回転/時間が可能なポンプサイズもお薦めしたかったのですが、上記表を見て判るように、表が殆ど埋まることは無いと思いますので止めました。(ごめんなさい)気になる方は上記表から計算してみて下さい。

 

 

考察です

 

  • 毎回疑問として記載しているのですが、本当は水槽を健康的に維持する為には、何回転/時間必要なんですかね?科学的に示されている資料御座いましたら是非教えて下さい!
  • オカルト的に「15回転とか20回転/時間で運用してます」なんて記載しているHPを見かけますが、絶対に計測した数値では無いので、信じないようにした方が良いですよ!
  • ここまで記載して、レッドシーリーファーを販売しているMMC企画様も自社ブランド(ZOOX)のポンプを販売されている事を思い出し、お薦めしているポンプも見てみました。
  • https://mmcplanning.blogspot.com/2019/03/dc.html
  • 転載するのは気が進みませんので、リンクのみ貼りますが、やっぱり全サイズに対してのお薦めポンプが記載有りませんでした。
  • 過去に当方のポンプを使用して超有名ショップで有る生麦海水魚様でレッドシーリーファー250を立ち上げたお客様はDEP-10000を購入頂き、クーラーとの2分岐でお使い頂いているのですが、50%の能力で使われているそうです。
  • もし出口からの流れの感じを生麦海水魚の方がご覧になられて、流量的に良い感じ!と思って頂いたとしたら、その時の流量って17.7L/分(1,062L/時間)しか流れて無いんです。

    ※実験値(下記データと動画参照下さい)

  • 回転数で言えば4.3回転/時間です。

   もしかしたら、これ位で良いんですかね?どなたか本当に教えて下さい!

 

 

実験データ&動画公開

DEP-6000

コントローラー出力 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10%

内径16mmホース直接接続

23.5 22.2 20.5

18.5

16.4 13.9 11.1 7.6 - 0

内径16mmホース2分岐して

クーラーにも送水

20.5

19.3 17.7

15.3

12.9 10.0 6.8 - 0 0

内径25mmホース直接接続

45 43 40

36

32 27 21 13 - 0

内径25mmホース2分岐して

クーラーにも送水

37 34 31

27

23 18 13 - 0 0

DEP-8000

コントローラー出力 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10%

内径16mmホース直接接続

27.3 25.9 23.8 21.6 19.3 16.6 13.5 9.9 4.9 0

内径16mmホース2分岐して

クーラーにも送水

23.2 21.9 19.9 17.7 15.4 12.9 9.7 5.8 0 0

内径25mmホース直接接続

52 51 47 43 38 32 25 19 8 0

内径25mmホース2分岐して

クーラーにも送水

43

41 38 34 29 23 17 10 - 0

DEP-10000

コントローラー出力 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10%

内径16mmホース直接接続

28.5 27.0 24.9 22.6 20.1 17.4 14.6 10.9 6.0 0

内径16mmホース2分岐して

クーラーにも送水

25.2 23.5 21.4 19.2 16.6 14.0 10.9 6.9 - 0

内径25mmホース直接接続

57 55 50 45 41 35 27 20 11 0

内径25mmホース2分岐して

クーラーにも送水

46 44 40 37 32 26 20 12 - 0

※結果は全て分当たりの時間です(L/分)

※-は測定不能です。

※0は完全に流量が0(ポンプは動いているが水が流れない状態)

皆さんのポンプ選択に少しでもお役に立てばと思います。

 

皆様良いアクアライフを!!

 

2 コメント

【決定版】レッドシーリーファーにお薦めのポンプサイズ【準備編】

 

お客様から問い合わせ頂く、半分以上が以下のようなものです。

 

現在、海水水槽立ち上げを細々と計画しています。
Reefer 250ですとHSBAOポンプはどれがオススメですか?
クーラーの設置も考えています。

 

やっぱりレッドシーリーファーシリーズ(RedSea Reefer)は人気有ありますね。

 

配管も簡単でデザインも優れていて音も静かなので、人気有る理由が良く判ります。

 

当方のブログでも何回かレッドシーリーファーシリーズへのお勧めサイズのポンプを紹介させて頂いているのですが、やはり配管施工は若干ハードルが高いと思われる方もいらっしゃるようですので、当方お勧めのホース接続での流量測定を行い、サイズ毎のお勧めポンプを紹介したいと思います。

 

今回は準備編として、レッドシーリーファーシリーズの各々の総水量や接続出来るホースのサイズと、ホースを使ったお勧めの分岐方法も含めて紹介させて頂きます。

 

実験方法

 

実験は売れ筋のDEP-6000とDEP-8000とDEP-100000の3種類で行います。

 

実験方法は下記の通りの2種類を考えています。

 

1. ポンプと送水管を直接ホースで接続する

2. 内径25mmのホースで水流を2分岐してクーラー側と水槽側に分岐する

 

※コントローラーを使って流量を調整した時の流量も計測します。 

 

レッドシーリーファーシリーズの総水量と接続出来るホースのサイズ

型番

総水量

(L)

接続可能なホースサイズ

(内径)

 Nano 105  16mm
170 165 16mm
250 244 16mm
350 345 16mm
425 422 25mm
450 440 25mm
525 525 25mm
ペニンシュラ500 500 25mm
ペニンシュラ650 662 25mm
XXL625 625 25mm
XXL750 750 25mm

 

表を見て一目瞭然です。Reefer350サイズ以下の水槽は内径16mmのホースで接続出来て、Reefer425サイズ以上の水槽は内径25mmのホースで接続出来るようになっています。

 

各々、1時間当たり6回循環可能なポンプと10回循環可能なポンプサイズを探したいと思います。

 

今回は準備編という事で、まずは25mmのホースの分岐方法とレッドシーリーファーシリーズの接続を模擬する為の塩ビ配管に内径25mmホースを接続する為の道具を作りたいと思います。

 

VP25配管に内径25mmのホースを接続する

 

当方のブログで一番アクセス頂いているのは、塩ビ配管とホースをどう繋ぐか?を紹介したブログです。

 

ここに詳しく記載しておりますが、VP25に接続できるのは内径23.5mmのホースとなります。 

 

内径25mmに1.5mm足りませんが、ホースバンドで締めれば1.5mmの差位はなんでも無いので、これで実験したいと思います。

 

作成手順は記載しませんが、完成はコチラ。

使った部品は2つだけです。

 

1.カクダイ樹脂製ホースニップル 取り付けネジサイズR1

2.アロン化成TS継ぎ手水栓ソケット 呼び径25

購入したのは毎度毎度のモノタロウです。

 

写真にシールテープの破片が写ってますが、これは当方在庫から使用してます。

 

内径25mmホースを2分岐する

まずは写真紹介です。

  • 右下は、ポンプに繋がる部分です。上記3つのポンプは内径25mmのホースが接続可能なコネクタが標準で付属してます。
  • 右上はクーラーに接続する部分です。クーラーとは内径16mmホースで接続します。
  • 左上は給水管へと接続する部分です。内径16mmホースに接続するセッティングにしてますが、ホースを交換して内径25mmホースを接続もします。

 

使った部品は4つです。

 

1.タカギT型コネクター 内径25mm用

2.セフティ3ホースコネクター 25mm-15mm

3.ホースバンド

4.内径25mmホース

 

当方の在庫を使ったので、ホースが汚くてすみません。それにホースバンドが足らずに、一部タイラップを使用してますが、皆様は絶対にきちんとしたホースバンド使用して下さい。水漏れは最悪ですよ。

 

では、次回実験結果報告編をお待ち下さい。

 

 

皆さんの配管計画に少しでもお役に立てばと思います。

 

皆様良いアクアライフを!!

 

0 コメント

塩ビパイプへの良いホースの接続方法

流量の確保と効率を重視した接続方法とサイズについて

 

当方のブログで一番アクセス頂いているのは、塩ビ配管とホースをどう繋ぐか?を紹介したブログです。

ホースコネクターを使用して接続するのは簡単ですが、コネクターって下記のような構造なので、結局必要以上に流路が絞り込まれちゃってるんですよね。

 

これは内径12mm(D1部位)のホースが接続出来るホースコネクターの図ですが、実際の流路(D3部位)のサイズは8.6mmしか有りません。

 

ブログでは何度も説明させて頂いておりますが、流路が太ければ太いほど同じポンプ容量でも沢山の水が流れます(流量が多い)

 

よって、ホースコネクターは簡単にホースを接続する事が出来ますが、流量確保の点から言えば悪の存在なのです。

 

では、どのように塩ビパイプにホースを接続するかというと。。。

 

とても簡単で、気合でホースを塩ビ配管にねじ込むだけです。

 

【注記】

  • 良くオーバーフロー水槽設置事例で見るような接続方法です
  • ホースコネクターを使わないので、流路が絞り込まれません
  • 太いホースで接続が出来るので配管抵抗を減らす事が出来ます

 この写真ではタイラップを使用して簡易的に締めてますが、皆様の水槽では漏水は非常に危険なので、ホースバンドを使ってしっかり締めて下さい。

 

過去ブログでもご紹介させて頂きましたが、参考までに塩ビ配管サイズと外径が判る表を載せておきます。

 

塩ビ配管寸法 塩ビ配管外径
VP13   18
VP16 22
VP20 26
VP25 32

 

これをご覧になられて次に皆さんが悩むのが”おー良いサイズの水槽用ホースが無い!”では無いでしょうか?

 

有名メーカーで有るエーハイム様のホースサイズを確認すると細い順に

9mm,12mm,16mm,19mm,25mm(内径)となっています。

 

やっぱり”ホースと塩ビパイプを直接繋げないでは無いか!?”

 

と早とちりしないで下さい。

 

エーハイム様のホースはとても硬いので、異径接合はなかなか骨が折れるのですが、園芸用や私の好きなトヨロンホースで有れば4mmから75mmまで多数の種類の内径を持つホースが売られていますので、それらを使って頂ければ全然問題御座いません。

 

参考までにお勧め例を載せておきます。

塩ビ配管寸法 塩ビ配管外径 お勧めホースサイズ(内径)
VP13   18 19mm
VP16 22 21.5mm
VP20 26 25mm
VP25 32 32mm

 

 少し細めのホースを使って、接続時にお湯でホースを温めて太い塩ビパイプに接続するも良し。

 

少し太めのホースを使って、ホースバンドをしっかり締めるのも良しです。

 

別に水槽用じゃ無いホースを使っても全然問題有りません。

 

内径差2mm程度で有れば全然気にする必要有りません。

 

”お湯で温め〜る” ”気合でねじ込〜む” ”ホースバンドでしっかり締め〜る”

 

などの呪文を唱えれば、全く問題無く塩ビパイプにホース接続可能です。

 

当方のポンプ性能試験結果から、少しでも太いホースを使ったほうが流量が稼げる事が判っておりますので、一番お勧めの呪文は、、、

 

”ホースバンドでしっかり締め〜る” です。

 

ちなみに当方取り扱いのHSBAOに標準で接続されているホースコネクターのサイズは下記の通りです。

 

モデル ホースサイズ

直接接続可能な

塩ビパイプサイズ

 DEP-1200

14/16mm VP13

DEP-2500

16/20mm VP13,VP16

DEP-4000

15/20/25mm VP16,VP20

DEP6000

20/25/32mm VP16,VP20,VP25

DEP-8000

20/25/32mm VP16,VP20,VP25

DEP-10000

20/25/32mm VP16,VP20,VP25

DEP-12000

25/32/38mm

VP20,VP25

DEP-15000

25/32/38/50mm

VP20,VP25

DEP-20000

25/32/38/50mm

VP20,VP25

※ 園芸用やトヨロンホースを使って接続可能な塩ビパイプサイズも記載しておきました。

 

皆さんの配管計画に少しでもお役に立てばと思います。

 

皆様良いアクアライフを!!

 

0 コメント

RedSea Reefer250用(レッドシーリーファー)フランジ製作

 

フランジ無しRedSea Reefer用に製作依頼有りました

 

比較的多くの特注依頼を受けているのですが、工場への発注量が減ってしまっており安い価格でのご提供が出来ずご迷惑をお掛けしております。

 

小型の物から大型の物まで製作依頼が有るのですが、今回はRedSea Reefer(レッドシーリーファー)250用にフランジ製作依頼を受けましたので、設計までの工程を紹介させて頂きたいと思います。

 

RedSea Reefer250(レッドシーリーファー)は幅900mm奥行き500mmの大型水槽となります。

また、一般的なオーバーフロー水槽と違い、濾過槽を回った海水が吐出される場所と排水される場所がセンターのボックス内に配置されている点が異なります。

 

 

ここを避けて、フランジを回さないといけない点が難しい所です。

また、幅900mmと大型の水槽になりますので、当方標準フランジの用にネジを使った固定は難しい為、水槽縁に強力両面テープ等で貼り付ける構造になります。

上記のようにフランジが被る構造になっても問題無いか確認させて頂いた上で製作図面を発行させて頂きました。

 

単純に大判2枚を切り出して張り合わせる構造としました。

水槽縁に照明を設定する必要が無ければ、簡単な構造となりますので製作コストが抑えられます。

 

 

 

【上記2点は参考イメージです】 

 

他社のフランジと違い大判板からの切り出しとなりますので、見栄えの良さは一級品に仕上がる事間違い有りません。

 

工場がGWに入っており見積もりや製作まで時間掛かりますがお待ちいただけますようよろしくお願い申し上げます。

 

こういった特注物得意としております。こんなもの出来ないかな?なんて考えている方がいらっしゃいましたら、遠慮無く相談よろしくお願い申し上げます。

 

info.saffdesign@gmail.com

0 コメント