コーラルフラグベース(小) お客様使用事例ご紹介

 

当方ショップでの売れ筋は圧倒的に水中ポンプです。

 

数量ベースでは、同じくらいのボリューム売れているのがコーラルフラグベースです。

 

所謂フラグ珊瑚を育てるための土台ですね。

 

今回は当方取扱のコーラルフラグベースのヘビーユーザー様からレビューを頂きましたので報告させて頂きます。

 

全てはご意見メールを頂戴した所から始まりました

お世話になります。

先日サフデザインさんのフラグラックを購入した者ですが、全てのフラグが完全に入りません。

このような仕様でしょうか?

 

丁寧に写真まで頂きましたので、一目瞭然!!

 

先端しかフラグベースに刺さっていない状態です。

 

コーラルフラグベースを製造するに当たっては、実はかなり沢山のメーカー様のフラグサイズを調査した上で穴サイズを10mmφに決定させて頂いておりました。

既に300個以上販売しており、このようなご意見頂戴する事無かったので、お恥ずかしながら実は10mmφの穴に入らないフラグが有るとは知りませんでした。

 

でしたので、この時は「仕様です」と冷たいメールを返すしか御座いませんでした。

 

その後You Tubeで下記動画を見つけて、これは沢山の方が困っているケースも考えられると思い、前回ロットより穴サイズを10mmφから11mmφに変更させて頂きました。

 

せっかくなので、ご意見頂きましたユーザー様にも新しい製品を使って貰いたい!と思い1台お届けさせて頂きました所、丁寧にレビューを頂戴しました。

 

お客様レビューです

写真見にくくてすみません。


右上が今回の商品でその他3つが以前のものです。


以前からサフデザインさんのフラグラックを愛用しており今回モデルチェンジということで使わせて頂きました。


以前は10mmフラグが入らなくてプラグ側、ラック側を削ったりして使用していましたが、今回のモデルチェンジで10mmのフラグも削ることなく入っています。


また、磁石部分も外側の磁石(水槽に貼り付ける面)にフェルト生地が付いており水槽に傷がつかないようになっています。


デザイン、コスパを考えるとサフデザインさんのフラグラック一択ではないでしょうか。

 

過去に3個も購入頂いているなんて、この写真を頂戴するまで存じ上げませんでした。

 

とても綺麗なマメスナギンチャクのフラグがベース一杯に引き詰められています。

 

カラフルなマメスナギンチャクがとても綺麗ですね。

 

ご指摘通り、今回は外部磁石にフェルトを付けて水槽への傷防止対策をさせて頂きました。

 

お客様、写真撮影とコメントメール本当に有難う御座いました。

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Review of Coral Flag Base."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

600ワイドオーバーフロー水槽でのDEP-4000使用事例Ⅱ

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000 DCポンプ

 

ご購入前にレビューキャンペーンの条件を確認頂きました

折角ですので、こちらにも記載させて頂きます。

 

どのサイトを利用して購入頂いてもレビューキャンペーンの対象になります。

(写真を5枚以上付けてレビューを頂くか、ご自身のSNS等でご紹介頂けましたらOK:500円分のAmazonギフトカードをメールで送付させて頂いております(コーラルフラグは除く))

 

何度かのメッセージやり取りの末にヤフオクでDEP-4000を購入頂きました。

 

お客様のタンクの仕様です

600×450×高さ350の600ワイドの高さ低め水槽です

濾過槽440×300×300の総水量110Lのオーバーフロー水槽になります。

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000 DCポンプ

 

DEP-4000に付属しているホースコネクターを利用して内径16mmのホース接続頂いています。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000 DCポンプ

 

ピンクのタオルは塩ダレの原因になる、水跳ねを防ぐ為で、毎週水槽掃除の時にタオルを交換されて塩ダレ無しだそうです。

 

ホースと塩ビパイプをどのように接続しているか?質問させて頂きました所、丁寧に絵を書いてメール頂きました。

 

 

※本当に有難うございます。

 

VP13の配管にホースコネクターを使わずに接続している事で流量低下を防いでおられるようです。

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000 DCポンプ

 

ポンプから給水管までの接続がよく見えるカットの写真も頂きました。

 

 

吹出口にはLSS研究所スーパーウェーブアクセラレーターSWA-miniをつけて水流が一定になるのを防いでいるようです。

 

 

お客様より頂きましたレビューです

使った感想は、パワーが凄いです!

しかも静か、DCモーターのヒューんという音はしますが気になりません!

サブの水流ポンプがいらないと思う程ゴミがぶぁーって舞いました

一つ希望を言えば、コントローラーにフック等が付いていて、どこかに引っかけられる様になってると良いなぁと思いました

 お忙しい中、写真撮影やレビュー送付本当に有難うございます。

 

本当に本当に助かります。

 

お礼と文章チェックの確認をお願いする為メールをさせて頂いた所、水槽全景の写真も何枚か頂戴しましたので掲載させて頂きます。

  

 

水槽全景の写真になります。

真っ青な水槽の中に紅一点サンゴがキラリと光るとても綺麗な水槽ですね。

 

ライブロックもスパイクで持ち上げてあり通水性が良さそうです。

 

前の水槽台が水浸しになってしまった為、水槽台をDIYで自作されたそうです。

 

 

ニャンと!!

 

水槽の守り神のように可愛いにゃんこが水槽上を闊歩されておられます。

 

カメラに撮られている事に気づいているのかカメラ目線です。

 

 

猫ちゃんのお家と水槽が横並びで設置されているのかと思いきや

 

なんと! 

 

ワンちゃんのトイレだそうです。

 

動物に囲まれた生活羨ましいですね。

 

追加の写真まで頂戴し本当に感謝です。

 

ポンプの相談や配管計画の相談はいつでも受け付けておりますので、

皆様遠慮無くメール頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

もちろんHSBAOのポンプ購入頂けましたら幸いです。

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Overflow Aquarium Pump."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

アロワナ・古代魚飼育にお勧めの超高流量ポンプ 流量測定

キーエンス社製クランプオン式流量センサFD-Qシリーズ

 

過去に何度か紹介させて頂きましたが、当方ポンプの流量計測は全てキーエンス社製の超音波流量計を使用して測定させて頂いております。

 

現在は塩ビ配管でVP13,VP16,VP20,VP25,VP30に対応出来るセンサーは保有しているのですが、それ以上VP40やVP50を測定出来るセンサーを保有しておりませんでした。

 

年末に当方も販売にも利用させて頂いておりますヤフオクを眺めていたら、ヤフオクに一番大きいサイズのセンサーが出品されていましたので、購入させて頂きました。

 

ちなみにこれが当方製品を販売しているページです。

 

 

”当方ヤフオクページへのリンク”

  

HSBAO DEP-12000テスト

大流量 水中ポンプ DCポンプ HSBAO DEP-12000

 

セッティングはこのような形です。

 

DEP-12000からVP40サイズの給水栓ソケットで接続しVP40配管接続しています。

 

ポンプの流量が多すぎて、すぐに濾過槽が空になってしまう為、DEP-4000を水槽側に入れて濾過槽に水を戻しています。

 

結果は76L/分(4,560L/時間)でした。

 

※元々はクーラーにも送水する予定だったのですが、兎に角寒すぎて色々テスト出来ませんでした。よって今回はあくまでも簡易テストです。

 

HSBAO DEP-20000テスト

大流量 水中ポンプ DCポンプ HSBAO DEP-12000

 

セッティングはこのような形です。

 

DEP-20000からVP50サイズの給水栓ソケットで接続しVP50配管接続しています。

 

ポンプの流量が多すぎて、すぐに濾過槽が空になってしまう為、DEP-4000を水槽側に入れて濾過槽に水を戻しています。

 

結果は134L/分(8,040L/時間)でした。

  

考察です

 

大流量ポンプには太い配管が必要です

 

やはり大流量ポンプは太い配管で水を流すと、大流量が流れませすね。

過去の実験と比較すると段違いの流量が流れています。

 

DEP-12000過去テスト

 

DEP-20000過去テスト

 

これらのポンプを使用頂ければ、大型水槽でも1時間辺り10回転も夢では有りません。

 

淡水水槽・アロワナ水槽・古代魚水槽等にとてもお勧めです

 

細い配管で多くの流量を流そうとすると、どうしても流速が早くなってしまいます。

 

Q(流量)=A(断面積)V(速度=流速)

 

結果:水槽内が洗濯機状態に。。。

 

 

海水魚ならまだしも、淡水魚・アロワナ・古代魚等は勢いのある流れ嫌がりますよね。

 

式の通り、流量を増やしてかつ流速を落とそうとしたら、配管の断面積を太くするしか無いのです。

 

VP40やVP50が接続出来る、HSBAOのDEP-12000やDEP-20000で有れば、コントローラーで流量も絞れますので、大流量を稼ぐ目的だけでは無く、ゆっくりとした水流で濾過循環回数を上げたい方にとてもお勧めだという事が判りました。

 

大型水槽をお持ちの皆様、是非ともご検討宜しくお願い申し上げます。

 

※上にも書きましたが今回はあくまでも簡易テストです。暖かくなったら正式に色々とテストを行い結果報告させて頂きますのでお楽しみに!!

 

動画のご紹介

 

簡単編集で恐縮ですが、試験の動画もアップさせて頂きました。

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "High flow rate submersible pump test recommended for large aquariums"

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

レッドシーリーファー簡単魔改造Ⅲ?

 

先日レッドシーリーファーの魔改造Ⅱ水槽用チャッキ弁の紹介を頂いたお客様からまたまた新しい情報を頂きました。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000

 

過去ブログで、大人気のレッドシーリーファーを魔改造して流量を増やす方法を何度か紹介させて頂きました。

 

お勧めさせて頂いた方法は、内径38mmのホースを使って接続する方法だったのですが、今回ご紹介頂いたのは簡単手軽に塩ビ配管接続する方法になります。

 

今回改造するのはこちら↓↓↓

 

レッドシーリーファー 250 DEP-8000 DCポンプ オーバーフロー水槽 ポンプ

 

更にズーム

 

 

当たり前ですが、給水管のサイズを変更しないと流量は増えません。

 

必要部品はたったの二つ

 

 

VP20サイズのTSバルブソケットとシールテープだけです。

 

多分ホームセンターで購入すれば100円掛からないと思います。

 

 

 

給水口の16mmホース接続部分を外して下さい。

 

もう既に見えてしまっていますが、ホースコネクター部が簡単に外れて2つのパーツに分かれるようです。

 

この部分は内径10mmφちょっとしか無いですから、大流量を流す大きな障害となってしまっています。

 

  

ここに先程ご紹介したVP20サイズのTSバルブソケットを接続するだけです。

 

これが出来ると全ての配管を塩ビで施工する事も可能です。

 

また、このパーツの外形は33mmですので、内径32mmホース接続も出来ますし、VP20塩ビを接続すれば、内径25mmホース接続も簡単です。

 

当方が紹介している魔改造より簡単に流量を増すことが出来ますね。

  

毎回役に立つ情報本当に有難うございます。

 

※全ての改造は自己責任でお願い申し上げます。

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "How to increase the flow rate of red sea reefer"

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

水槽用に使える逆流防止弁(チャッキ弁)

 

先日レッドシーリーファーの魔改造Ⅱの紹介を頂いたお客様から新しい情報を頂きました。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000

 

オーバーフロー水槽で悩まれている方も多いと思いますのでご紹介させて頂きます。

 

逆流防止弁(チャッキ弁)

 

逆流防止弁(チャッキ弁)とは、ポンプ停止時等に給水管から濾過槽への水戻りを防止するための弁になります。

 

水戻りが多いと濾過槽を溢れさせる危険も有る為とても重要な機能だと思います。

 

日本で市販されている水槽で給水管に逆流防止弁(チャッキ弁)が入っている水槽は見たこと無いですが、海外には標準で逆流防止弁(チャッキ弁)組み込まれたオーバーフロー水槽が販売されています。

 

水槽専用プロダクトですので、水の流れも見えますし、とても綺麗な製品です。

 

過去にも水槽で使える良い製品が無いか?色々探したのですが見つかりませんでした。

 

今回ご紹介する製品は塩ビ用プロダクトを加工してホース接続に使えるようにした工夫の品です。

 

 

ネジは20Aソケットオスネジが入るようで、ホームセンターで売っているホースコネクターを繋ぐことで、簡単に内径16mmのホースが接続出来るようにされています。

 

 

内部構造はこのようになっており、ボールの力で水が一方向にしか流れないようになっています。

 

 

型番が判る拡大写真も頂きました。

 

ホームセンターには黄銅製のホースコネクターしか取扱っていない所が多いかと思いますし、もし金属を使う事を躊躇われる方はこのブログ参考に樹脂製のホースコネクターを使って頂ければと思います。

 

毎回役に立つ情報本当に有難うございます。

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Check Valve for Aquarium."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント