水槽用に使える逆流防止弁(チャッキ弁)

 

先日レッドシーリーファーの魔改造Ⅱの紹介を頂いたお客様から新しい情報を頂きました。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000

 

オーバーフロー水槽で悩まれている方も多いと思いますのでご紹介させて頂きます。

 

逆流防止弁(チャッキ弁)

 

逆流防止弁(チャッキ弁)とは、ポンプ停止時等に給水管から濾過槽への水戻りを防止するための弁になります。

 

水戻りが多いと濾過槽を溢れさせる危険も有る為とても重要な機能だと思います。

 

日本で市販されている水槽で給水管に逆流防止弁(チャッキ弁)が入っている水槽は見たこと無いですが、海外には標準で逆流防止弁(チャッキ弁)組み込まれたオーバーフロー水槽が販売されています。

 

水槽専用プロダクトですので、水の流れも見えますし、とても綺麗な製品です。

 

過去にも水槽で使える良い製品が無いか?色々探したのですが見つかりませんでした。

 

今回ご紹介する製品は塩ビ用プロダクトを加工してホース接続に使えるようにした工夫の品です。

 

 

ネジは20Aソケットオスネジが入るようで、ホームセンターで売っているホースコネクターを繋ぐことで、簡単に内径16mmのホースが接続出来るようにされています。

 

 

内部構造はこのようになっており、ボールの力で水が一方向にしか流れないようになっています。

 

 

型番が判る拡大写真も頂きました。

 

ホームセンターには黄銅製のホースコネクターしか取扱っていない所が多いかと思いますし、もし金属を使う事を躊躇われる方はこのブログ参考に樹脂製のホースコネクターを使って頂ければと思います。

 

毎回役に立つ情報本当に有難うございます。

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Check Valve for Aquarium."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

レッドシーリーファー魔改造Ⅱ

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000

 

メルカリ経由でポンプを購入頂いたお客様から下記メッセージを頂戴しました。

 

余談ですが、リーファーの給水口が16mmと、細かったのですが、給水口に緊急排水パイプ(20Aより若干細い)が接続できましたので、こちらを使うと太くなり水量がアップします。緊急排水パイプは3600円でしたので追加購入するか、そのまま給水口を、緊急排水として使うかで対応できます。 魔改造よりは細くなりますが、ホース接続が容易だと思いました。

 

正直 ??? 状態でしたので、内容確認の為の下記メールを送付させて頂きましたら、すごい早さで返信を頂戴しました。

  

 

過去に紹介させて頂きました魔改造よりも簡単にレッドシーリーファーの流量を増やすことが出来る可能性も秘めている工夫が沢山御座いましたので、お客様に許可を頂き紹介させて頂く事にしました。

 

※情報提供とご協力本当に有難うございます。

 

お客様から頂戴した情報です

赤枠の配管は全て同じアダプターで繋がると思います。
※初めに順番間違えて繋いだことがあったので気付きました

 

私も初めに間違えて接続して気付きました。。。

 

青枠はなかなか難しいところです。

リーファーは部品単体でも販売をしているので、パイプを切断して別の曲げパイプを塩ビの様に溶接接着剤するとか考えましたが、一つのために機材揃えたりするのは費用対効果的にどうかと思いまして。

 

これは魔改造を超える魔改造ですね。

施工例、見てみたいですね〜

 

緊急用排水パイプが安いのでこれを使おうと思いましたが、メイン排水パイプは25Aのソケットで繋がるので、これも使えるかと思います。しかし、調整弁があるので、どう作用するかと、価格が高いので、割りに合わないかと思いました。

600サイズオーバーフロー水槽 室外クーラー DCポンプ 水中ポンプ

 

ここが25Aに繋がる事発見されたのですね。。。

 

いやー全く気付きませんでした。

 

純正濾過槽以外を組み込む時に使えるアイディアですね!!

 

緊急用パイプは規格が異なるのですが、25Aのフレキシブル排水用の塩ビ管がギリギリ刺さるので、接着後に自己融着の水漏れテープで漏れを防ごうかと考えました。


※ きつさは、音が成る程の捻りながら差し込む感じです。ただし、そこまでの力は必要ありません。塩ビボンドで何度か捻れば塞がって固まると思います。

 

フレキシブル排水用塩ビ管なんて、お恥ずかしながら聞いたことも無かったパーツです。

 

試行錯誤しておりましたが、水の回転数にこだわるより、気疲れして断念しました(笑)

なお、私が、リーファーXL200に対して、サンプを250のものを使っているので、なかなか参考にしにくいかもしれません。

 

この文章を拝見して更にビックりしました。

 

XL200250のサンプを組み合わせるなんて、本当に魔改造ですね!!

 

いやーその工夫力に脱帽です!!

 

また余談ですが、レッドシーリーファーペニンシュラの送水のホース差し込みが標準で20か25サイズのホースでした。目測ですが、16より遥かに太かったので、このホース差し込みの部品のみ取り寄せれば、太いホースがそのまま簡単につけれる様にも思いました。水槽への送水口も太い様に思います(笑) 部品のみは3〜4千円程度と思います。

 

そうなんですよね〜

 

レッドシーリーファーXL425以上は内径25mmのホースが繋がるとHPにも記載してあります。

 

このパイプがXL300以下の水槽に改造無しで繋がるなら、魔改造よりはるかに簡単ですよね。

 

どなたかテストして貰えませんか?

 

※早速情報を頂きましたが、接続不可能なようです。

 

 

メールに添付頂いた濾過槽写真についても教えて頂きました

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000

 

これが、XL200に250のサンプを組み込んだ事例の写真です。

 

残念ながら、写真には写ってませんが、DEP-10000を魔改造で接続頂いています。

 

250サンプを組み込むメリットは下記2点とお教え頂きました。

 

  1. 意外と直ぐに詰まるので、ゴミ取りのネットが二つあるとかなり手間が省けます。
  2. スキマー区画もかなり広くなりました。

 

給水配管手前でチーズを使って2分岐して水槽裏に設置してあるクーラーと殺菌灯へ繋げて頂いております。

 

写真の左の筒はリフジウムの筒で、Rioを繋いでおられるようです。

 

DEP-10000について一言頂戴しました

お値段格安で品質も申し分ありません。


通常のポンプの半額程度と思います。


思いの外にFEED機能は使います。 コンセントスイッチをわざわざつける必要ありません。


水量計算など大変参考になりましたので、信頼できるお店と思い購入に至りました。


因みに前回ナノ用の配管とDEP4000、現在のXL200様のDEP10000を前回購入させて頂き、気に入ったので今週土曜設置予定のXL200様に再度今回の配管とポンプを購入しました。

 

当方が伝えたい事全て記載頂きまして、誠に有難う御座います。

 

また色々とご教授頂き、本当にありがとうございました。

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Overflow Aquarium Pump."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

900サイズオーバーフロー水槽(室外クーラー)でのDEP-6000使用事例

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000

 

ポンプサイズのご相談をメールで頂きましたお客様よりレビューを頂戴しました。

 

綺麗な写真と共にご紹介させて頂きます。

 

どのサイトを利用して購入頂いてもレビューキャンペーンの対象になります。

(写真を5枚以上付けてレビューを頂くか、ご自身のSNS等でご紹介頂けましたらOK:500円分のAmazonギフトカードをメールで送付させて頂いております(コーラルフラグは除く))

 

お客様からの最初の相談です。

初めてメールさせていただきます。HSBAOポンプの導入を検討しているのですが、少々ご相談させてください。

90cmオーバーフロー水槽で10年ちょっと、海水魚飼育をしております。

今回4年ほど使用したカミハタRio+3100の音が大きくなってきたので 最初はインペラー交換しようかと思ったのですが、 せっかくなら経済的で静音といわれるDCポンプを試してみようと思い 御社のサイトに辿り着きました。

恥ずかしながら・・・これまで、流量や循環回数などまったく気にせずに 吐水口から出てくる水の雰囲気だけで判断してきていました。

また、今年の夏に念願の室外置きクーラー(ゼンスイZRW-750)を 導入したのですが、2系統に分岐させるなんていう技を知らなかったため 何の疑問もなく直列接続しておりました・・・。

今回はDEP-4000の購入を検討しているのですが、 ついでにクーラー向け配管を別系統にして、 冬場の電力使用量を絞りたいと考えています。

添付させていただいた画像上段のAが、現在の配管ルートです。 2系統分岐配管のイメージがまだよくわかっていないのですが、 添付画像のBのような理解で合っていますでしょうか?

その他、注意すべき点などありましたらアドバイスいただけると幸いです。

配管はすべてVP16Aです。 図では省略していますが 、クーラーまでの配管は壁沿いを這わせているため 片道につき90度エルボ×6、45度エルボ×2が途中に入っています。 また、ポンプから水槽の揚程は1.1mほどです。

600サイズオーバーフロー水槽 室外クーラー DCポンプ 水中ポンプ

 

メールでお送りしたご相談へのアドバイスです

 

ポンプサイズに関して、現在お使い頂いているポンプがRIO+3100ですのでDEP-4000にして頂いたら水量増えると思います(並列配管効果込で)

 

しかしながら、お客様の総水量は水槽:182L+サンプ:50L(推定)=合計:232Lという大型の水槽となります。

 

DEP-4000を使用した場合の1時間辺り回転数は実験結果より冬場:約1500L/H,

夏場:約1200L/Hとなります。

 

計算より、冬場回転数は約6.5回、夏場約5.2回となり、正直回転数が若干足りていないと思われます。

※クーラーへの配管も長いですし更にロスが有るかも知れません。

 

よって、DEP-4000よりDEP-6000DEP-8000をオススメさせて頂きます。

 

配管接続に関しては、まさにB案で良いのですが、若干コツが有ります。

それは配管分岐までは出来るだけ太い配管で持っていくという事です。

このページに接続可能な塩ビ配管サイズを纏めております。

  

DEP-4000で有ればユニオンソケットを使用してVP20でDEP-6000&8000で有ればユニオンソケットを使用してVP25での配管をオススメさせて頂きます。

そして分岐はTS径違いチーズを使えば簡単にクーラー側のVP16を分岐可能です。

また、水槽側に向かうメイン配管にもバルブを入れることをオススメしております。

サンプの清掃を行った際に、メイン配管のバルブを閉じれば、クーラーを通じてサンプ内のみの循環をさせる事が出来る為、汚れ等を水槽に導くこと無く綺麗にする事が出来ます。

 

他にも質問や疑問等御座いましたら遠慮無くメール頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

※この後何度かメールでやり取りさせて頂き、最終的に下記の提案をさせて頂きました。

 

配管レイアウト

600サイズオーバーフロー水槽 室外クーラー DCポンプ 水中ポンプ

配管イメージ

 

お客様より頂きましたレビューです

 

写真を入れる位置まで記載頂きました。

とても綺麗に文章も構成も考えて頂きましたので、全文そのままレイアウトも活かした形で記載させて頂きます。

 

以下お客様よりのレビューです

 

 長年使ってきたカミハタのポンプから異音がし始めたので、最初はインペラー交換しようと思ったのですが・・・

 

どうせならこれを機に、静穏・省エネが売り文句のDCポンプを試してみようと考えて、

こちらの製品にたどり着きました。

 

これまでオーバーフロー水槽の配管は完全に自己流でやっていたため、

水槽への配管とクーラーへの配管を分岐させるなどという技があることも知らず。

今夏にクーラーを室外置きに変更した際も、4m先のクーラーを直列接続するという力技をしていました。

 

写真はBeforeの状態です。(水漏れ補修の跡が痛々しい)

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000

 

下側の配管から室内を3m走った後、壁を突き抜けて1m先のクーラーへ。

帰りも同じルートをたどった後、上の配管から戻ってきて水槽へ戻していました。

これだとクーラーを使わない冬場でも4m先まで往復しなければならないのでエネルギーの無駄遣い、外配管を通過することで水が冷えてしまう(多分)など、全くいい事がありません。

そこでサフデザインさんに相談に乗っていただき、DCポンプへの入れ替えに合わせて

配管の見直しを行うことにしました。

 

600サイズオーバーフロー水槽 室外クーラー DCポンプ 水中ポンプ
600サイズオーバーフロー水槽 室外クーラー DCポンプ 水中ポンプ

  

購入したポンプは水槽サイズからサフデザインさんにオススメいただいたDEP-6000。

分岐まではVP25が良いとのことで、ポンプとの接続部を25Aのユニオンソケット、

そこから25-16の異径チーズと異径ソケットでクーラーと水槽へ分岐。

分岐先それぞれにボールバルブを接続する構成となりました。

 

600サイズオーバーフロー水槽 室外クーラー DCポンプ 水中ポンプ
600サイズオーバーフロー水槽 室外クーラー DCポンプ 水中ポンプ
600サイズオーバーフロー水槽 室外クーラー DCポンプ 水中ポンプ

 

途中で写真を撮っている心の余裕がなく、いきなり完成写真になります。

地震対策として途中にトヨロンホースを何か所か挟んでいます。

今回は水漏れもなく、キレイに仕上がったと思います。

(わかりやすい3Dイメージ図を作っていただいたおかげです。)

 

ドキドキしながらDEP-6000のスイッチを入れてみましたが・・・静かです。

正直なところ、ここまで静かだとは思いませんでした。

 

おかげで今度は今まで気にならなかったOF管からの落水音が気になるように・・・(笑)

 

流量も計器がないので正確にはわかりませんが、吐水口からの水の勢いを見る限りでは

出力を50%に絞っても、以前のポンプより遥かに強くなっています。

 

それでいて消費電力は17Wと、約1/3に抑えられています。

静かでお財布に優しいのに、パワフル。DCポンプ素晴らしいですね。

 

両系統にバルブをつけたことでメンテナンスも楽になりましたし、いい事ずくめです。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-1000
hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-1000
600サイズオーバーフロー水槽 室外クーラー DCポンプ 水中ポンプ

 

色々と相談に乗っていただき、ありがとうございました。

 

以上がお客様のレビューです

 

レイアウトまでご指示頂きましたので、今回のブログ簡単に書けてしまいました。

本当に助かります。

 

また、沢山の写真撮影有難うございます。

 

本当に本当に助かります。

 

ポンプの相談や配管計画の相談はいつでも受け付けておりますので、

皆様遠慮無くメール頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

もちろんHSBAOのポンプ購入頂けましたら幸いです。

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Overflow Aquarium Pump."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

お勧めできない配管事例

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー

 

お客様から頂きました相談内容です

 

HSBAOのDEP-4000をお買い上げ頂きましたお客様に、初期不良でご迷惑をお掛けしてしまうという事例が発生しました。

 

その対応の中で、お客様の使用状況(配管経路)をお聞かせ頂きました所、下記連絡を頂きました。

 

「ポンプ先は内径19mmホースから内径16mmに分岐。片方は殺菌灯、クーラーを経由して、もう片方と合流させ内径19mmでピストルに接続し給水管、吐き出しになります。」

 

※図で表すとこんな感じです

オーバーフロー水槽 悪い 配管

ポンプ→UV→クーラー→水槽の直接接続はオススメしておらず、ポンプ直上で2分岐すれば、流量ふえますし省エネに繋がりますよ〜。とご紹介させて頂いております。

※全て実験しておりますので、実測データに基づく提案です

 

お客様の接続方法も、確かにポンプ直上で2分岐されているのですが、メイン配管に合流させているのが特徴的です。

 

当方がオススメしているのは、UVやクーラーを経由した水は、濾過槽の第一槽(オーバーフロー管からの落水してくる場所:一般的にはウールボックス)です。

理由は単純でショートサーキット対策です。

 

過去にリクエストも無かったので、今回のお客様のような配管経路で実験をした事無かったのですが、今回良い機会ですので実験してどんな影響が起きるのか確認してみました。

 

実験の様子

DEP-6000 レッドシーリーファー用配管

 

DEP-6000レッドシーリーファー用配管を使って実験してみました。

 

2分岐させた後にホースコネクターを使って合流させました。

 

引きの映像だと確認しにくいと思いますので、アップ画像も公開させて頂きます。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー

 

ポンプ直上でクーラーからの流路とT字を使って合流させています。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー

 

更にアップ映像になります。

 

測定したのは4つの流量です。

  • クーラー側に送水しない時
  • クーラー側に送水した時
  • クーラー側に送水した時のクーラー側流量
  • クーラー側の送水を濾過槽に戻した時のクーラー側流量

 

※実験の様子を動画で御覧ください

 

 

なんとなく想像していたのですが、やはり2分岐させた水流を纏めるのは良くないです。

 

・クーラー側送水有り:18.8L/分

・クーラー側送水無し:18.0L/分

 

確かに1L/分程度(60L/時間)の流量が増えているのですが、クーラー側の流量を確認してびっくりです。

たったの4.0L/分しか流れていません。

 

どんなクーラーでもこんな流量しか流れなければ冷えないですよね。

正直殆ど意味ない流量だと思います。

 

理由は単純です

 

クーラーやUVを経由すると装置の内部抵抗の影響を大きく受けて水量や圧力が落ちてしまいます。

ポンプから直接流れている水流は圧力も高く水量も多いので、2分岐ポイントで水槽側だけで無くクーラー側にも流れ込もうとしクーラー側の流れを阻害してしまいます。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー

 

写真のように2分岐後の流量を合流させず、クーラーを経由した流れを濾過槽に戻すと、ポンプ本来が持っている能力で有る13.7L/分の流量が測定されました。

 

これで有れば十分クーラーも能力を発揮して十分に冷やしてくれる事と思います。

 

もしこのような配管されておられる方がいらっしゃったら、是非この機会に配管(ホース)を見直し頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Bad Pipe Layout"

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

レッドシーリーファー250でのDEP-12000使用事例

ポンプを購入頂きましたお客様よりレビューを頂戴しました。

 

綺麗な写真と共にご紹介させて頂きます。

 

どのサイトを利用して購入頂いてもレビューキャンペーンの対象になります。

(写真を5枚以上付けてレビューを頂くか、ご自身のSNS等でご紹介頂けましたらOK:500円分のAmazonギフトカードをメールで送付させて頂いております(コーラルフラグは除く))

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー250  DEP-12000

 

レッドシーリーファー250の濾過槽の写真です。

ポンプから立ち上げた塩ビパイプが何一つ違和感無く収まっています。

 

お客様より頂きましたレビューです

 

ほぼ原文ママですが、一部加筆させて頂いております。

 

当方コメントは赤字で記載しております。

 

以下お客様よりのレビューです

 

 

二度目の購入になります。今回はrRedSea Reefer250にDEP-12000(12000L/H)のものを付けました。

 

そうなんです。このお客様は過去にも1台購入頂いているリピーター様です。

 

2台ともreeferにつけておりますがDCポンプとは思えないほどパワフルでトルクフルです。

今回もsaffdesignさんのブログ参照のもと配管を組みましたがreeferと信じられないくらいの圧倒的な流量が手に入ります。

多少オーバースペックの物を使用すればオーダー水槽のような理想的な回転数を確保できるでしょう。 

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー250  DEP-12000

 

 

この写真ご覧頂いて分かる通り、過去ブログでご紹介させて頂いた魔改造にトライ頂いております。

 

通常ここは内径16mmホースで接続するのですが、内径38mmホースで接続する事で大幅流量アップ!!

 

もし水流が強すぎる時はコントローラーで調整すればOKです。

 

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー250  DEP-12000

 

レッドシーリーファー(RedSeaReefer)を買ったけど魚が上手く飼えなくて困っている,病気に悩まされているという方も10回転に近い回転数を確保すればそのような悩みとは無縁になると思います。

 

事実、私はHsbaoのポンプを使用してから殺菌灯や病気とは無縁になりました。

 

耐久性も問題なく安心して使えます。

 

一流メーカーの信用できない出力曲線のものを使うよりも正確なデータのもと性能がしっかりと開示されているこちらの商品の方が何倍もお勧めです。

 

中華製品は耐久性が…という方に今一度考えて頂きたいのは、たとえポンプが壊れても一流メーカーのポンプでもHasbaoでも壊れた時に落としてしまう生体の保証はどちらもしてくれないということです。

 

私の使っているポンプに不良は今のところありませんし性能も文句の付けようがありません。

 

私と同じようにレッドシーのreeferシリーズをお使いの方や現状のポンプに不満があるという方に是非お勧めしたい商品です。

 

随分と持ち上げたコメント頂いてしまい恐縮です。

 

コメントに記載されていますが、HSBAOはMADE IN CHINAですが、多くの有名メーカー様にOEM供給しているメーカーになります。日本のメーカーも何社も採用してますよ。

 

動画も頂戴しましたので紹介させて頂きます。

 

 

当方実験水槽のレッドシーリーファー170に比較すると、サンプ内に余裕が有りますね。

 

高流量での送水でもサンプ内に落ち着きが見られます。

 

お客様お忙しい中、レビューと動画撮影有難う御座いました。

 

有名ブランド無い分サポートは手厚くさせて頂いております。

もし何か御座いましたら遠慮無く連絡頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

ブログで公開後に更に追加レビュー頂きました

後日談になりますが早速小型ヤッコ3匹一気にいれてみましたところ状態も良く飼えております。

 

以前はVectra s1をMaxで使用していましたが小型ヤッコ1匹すら満足に飼えず、餌付いていたニシキヤッコが死にました。

 

ちなみにこのタンクは1年半くらい回していて他にハナダイ系がいるのですがヤッコだけは何を入れてもダメでした。

 

ろ材の量,濾過作りの期間,水量から考えても到底死ぬはずがなかったのですが…

やはり水槽は回転数が大事だと再認識させられました。

 

Hsbao に出会えて良かったです

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "HSBAO DEP-12000 Pump with Redsea Reefer 250."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント