レッドシーリーファー170G2でのDEP-6000&配管使用事例

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-6000 DCポンプ

 

レッドシーリーファー170G2用ポンプサイズの相談を頂きました

お客様よりの相談内容です。

RedseaReefer170G2との組み合わせで、ポンプとスキマーを検討しております。

ポンプは『ブログでも使われているDEP-6000位がいいのかなぁ。』と考えているのですが、できれば出力50%前後で余裕をもって稼働させたら音も小さくていいかなと考えています。

ポンプから給水パイプは魔改造IIIをさせていただければ流量はそこそこ上がるのではないかとホープページを参考に考えさせてもらったのですが、できれば1300L/h回せたらなどと考えております。

チェックバルブや配管をどうしたらいいのかがわからなくご相談させていただきたく、メールさせていただきました。

ポンプの能力は6000で大丈夫でしょうか。スキマーはWS-150で能力は十分ですか。ベルリン式を考えています。

一度調整ができたら調整はその後不要になりますでしょうか。

もう1台ポンプ2500を入れてクーラーや殺菌灯に回して2台サンプに入るのでしょうか。

DEPシリーズ用配管をお願いした方が2台よりもいいですか。

レッドシーリーファー170は弊社実験水槽と同じですのでノウハウ溜まっていますので早速以下の回答をさせて頂きました。

G2になってからは吐出口の流路が太くなっていますので、魔改造2は不要です。

詳細はこのブログを参照下さい。

 

魔改造Ⅲだけして頂ければDEP-6000を使っての50%運用可能です。

現在、セッティングを変更してしまっていますが、DEP-6000とリーファー170との組み合わせは各種実験を行っていますので、この動画をご覧頂ければ何%で運用可能か判断して頂けると思います。

 

またベルリン式で有れば1300L/時間不要と思います。

正直、800L/時間も有れば良いのでは無いでしょうか?

5回転もすれば充分と考えられますので、DEP-4000でも良いかも知れません。

※DEP-4000は現在在庫切れですが、来週末には揃います。

スキマーはWS-150で充分すぎる程充分です。ご安心下さい。

スキマーに関しては永遠に調整が必要なデバイスです。

生体増やす・珊瑚増やす・添加剤増やす。等のタイミングでは弊社製品で無くても必ず調整が必要になります。

海水成分の影響を多分に受けるデバイスですので、スキマーは調子を見ながらの調整が必要です。

ポンプ2台運用は故障時にメリットは有ります。が正直分岐配管で困っているお客様いらっしゃらないのも事実です。

 

いずれにしてもリーファー170は弊社実験水槽と同じですので、何でも遠慮無く問い合わせ頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

5〜6回のやり取りの後仕様が確定しました。

 

最終的にDEP-6000魔改造Ⅲ配管逆止弁付きを選択頂きました。

 

G2仕様がどうなっているかを私に説明して頂く為だけに、沢山の写真を頂きましたので紹介させて頂きます。

※ここはG2を購入検討している人にはとても参考になる内容になっていますので、読み飛ばすこと無くご覧下さい。

 

レッドシーリーファー170水槽でのVarion4&弊社オリジナル配管使用事例 サフデザイン HSBAO

給水パイプの出口部品の箇所は21mmの管に変更されています。

 

※ここはとても大きな変更ですね。参考までに旧モデルのノズル部の写真をお付けしますが、これによって魔改造Ⅱは完全に過去のものになりました。

見て下さい。完全に別物ですね。G2の部品が旧モデルにそのまま使えるのか判りませんが、もし使えるなら結構なコスト掛けてもポンプの出力を下げることが出来ますので、すぐ元が取れるのでは無いでしょうか?

ここの内径が18mmで一番細くなっているようです。

 

という事はこのパーツを外せば、更に流量が稼げるという事です。

レッドシーリーファー170水槽でのVarion4&弊社オリジナル配管使用事例 サフデザイン HSBAO

 これはとても綺麗な赤色に変更になっていますね。寸法的には大きな変化は無いように見受けられます。

 

ホース接続部は旧モデルと同じように見受けられます。魔改造Ⅲは健在です。

 

DEP-6000と配管を組み上げた写真も頂戴しました。

 

ここでビックリな貴重情報を頂戴しました。

実はメイン側のホースコネクタの内径が18mmで今回のreeferとの組み合わせではココが一番細くなっている状態でした。

苦労してホースコネクタをつけていただいたようですが,ここはVP25のままで32mmのホースで繋いでしまった方が良かった感じがしました。

なんと魔改造Ⅲまでもが過去のものへと。。。

レッドシーリーファー250G2は配管構造が異なるようですが、170G2では魔改造Ⅲの内径25mmのホースで配管と水槽を接続する方法よりも内径32mmホースで接続する方が流量を稼ぐことが出来そうです。

先程の写真の黄色枠部分が外径32mmでVP25と同サイズとなる為、内径32mmのホースで接続してしまおうという考えです。

やっぱり赤い配管は格好良いですね。

また、レッドシーリーファー250以上モデルと違って水槽側配管が下まで降りてきていないので、ホース接続にも余裕が有ります。

レッドシーリーファー170水槽でのVarion4&弊社オリジナル配管使用事例 サフデザイン HSBAO

100%では洗濯機状態で排水が間に合わないので、ひとまず50%で運転して頂くこととなりました。

 

さらなる改良提案と流量測定依頼をさせて頂きました。

改良点が見つかっているにも関わらずに、そのままお使い頂くのも忍びないので、VP25切りっぱなし配管への変更提案と流量計をお貸し出しするので測定をして頂けないか?とお願いさせて頂いた所、快諾頂きましたので、早速作成の上で再送付をさせて頂きました。

※沢山のお客様に支えられてG2の色々な事が判ってきています

 

以下お客様レビューのご紹介です

※赤字にて補足させて頂いております

ポンプ及び配管について今回,色々と相談させて頂き,在庫との関係から選択したのがDEP-6000でこれに魔改造III仕様の配管をセットで製作頂きました。お願いしてから到着まで3日という超高速対応でありがとうございます。

※超弱小企業ですので、レスポンス力とアフターサービスが売りです

 

早速,ポンプと組んでみた状態です。

 

 

実はメイン側のホースコネクタ(写真の黄色い部分)の内径が18mmで今回のreeferとの組み合わせではココが一番細くなっている状態でした。

苦労してホースコネクタをつけていただいたようですが,ここはVP25のままで32mmのホースで繋いでしまった方が良かった感じがしました。

※これは完全に盲点でした。G2恐るべしです

 

このことをSAFF Design様へお伝えしたところ,即日でVP25のパーツを作ってアク抜きまでして送って頂きました。

 

※ポンプ側配管とリーファーをこのような形で組んで頂いております。(この隙間を内径32mmのホースで接続する形です)

 

なんと,一緒に流量計をお貸しいただき、あろうことか自分の水槽でも計測ができることとなりました。

 

そして目を疑うような数字が表示され装置の使い方が間違えているかと思うほどでした。

※ポンプがすごい訳でも魔改造配管がすごい訳でも有りません。配管を太くすればどのメーカーのポンプを使っても大流量が流れるのです。モデルチェンジでここまで良い改良をしてくるとはレッドシー社は流石、海水水槽界の世界のリーディングカンパニーです。

 

 

80%を超えるとFilterBag付近のところからあらゆるところに水が溢れてしまい,

明らかに流量オーバーになってしまいます。

※この写真を拝見し思わずニヤッとしてしまいました。これは水槽の落水部では無くまるで滝壺ですね。

 

100%では洗濯機状態でサンプ内で水が溢れてしまうのでひとまず50%で運転してみました。

実は50%で10回転しています。

※ここまで読んだ皆さん一番上に戻って、初回お客様の問い合わせ内容を確認下さい。お客様が望んでおられた50%運用を完璧に叶える事が出来ました。

 

今回,SAFF Design様には購入前相談から,購入後の相談までチャット並みのメール返信を頂き非常に勉強させて頂き,貴重な体験ができたことを嬉しく思います。

本当にありがとうございました。

※こちらこそ無理言って流量測定まで頂きまして真に有難うございました。レッドシーリーファー170G2用配管は初めての経験でしたので、本当に貴重なデータを頂戴し真に有難うございました。

 

貴重なデータを表形式で掲載させて頂きます。

クーラー側バルブ閉

ポンプ出力% 流量 L/min L/h 回転
100 37     2,220 13.1
90 35     2,100 12.4
80 32     1,920 11.3
70 29     1,740 10.2
60 25     1,500 8.8
50 22     1,320 7.8
40 17     1,020 6.0
30 11       660 3.9
20 0 0 0.0
10 0 0 0.0
1 0 0 0.0
 

クーラー側バルブ50%開

ポンプ出力% 流量 L/h 回転
100 33      1,980 11.6
90 31      1,860 10.9
80 28      1,680 9.9
70 25      1,500 8.8
60 22      1,320 7.8
50 17      1,020 6.0
40 13         780 4.6
30 7         420 2.5
20 0             - 0.0
10 0 0 0.0
1 0 0 0.0

※お客様は回転数を計算する総水量を実行総水量で有る130Lで割ることで求められておられましたが、ここでは型番で有る170Lを使わせて頂きました。ライブロックの量やポンプ室水位から自分なりの総水量を割り出して頂き、回転数を求めて下さい。

 

今回はレッドシー社の最新水槽レッドシーリーファー170G2用のポンプ、配管、プロテインスキマーをお求め頂きまして真に有難うございました。また貴重な情報も多数頂き本当に助かりました。このデータはこれからG2シリーズを購入する人にとって本当に貴重な情報になると思います。

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "The capacity of the return pump was measured with the Redsea Reefer 170 G2."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

サイドオーバーフローBOX製作Part2

サイドオーバーフローBOX サフデザイン HSBAO DCポンプ

先日ご紹介したオーバーフローBOXにどの程度の流量が流れるかDEP-20000を利用して測定しました。

オーバーフローBOXに興味が無い方でも、一般的なオーバーフロー水槽の排水部であるVU40管にどの程度の流量が流れるか測定しましたので、是非ご覧下さい。

サイドオーバーフローBOX サフデザイン HSBAO DCポンプ

VU40管を利用してサンプまでの排水部を作りました。

※倉庫に余っている配管を使ってますので汚くてごめんなさい。

両脇の排水パイプにはバルブを入れて落水音コントロールしてみても良いかも知れません。

サイドオーバーフローBOX サフデザイン HSBAO DCポンプ

水槽は600×450×450のアクリル水槽です。

奥の送水管(給水管)はVP50という一般水槽では排水にしか使われない大口径のものです。

サイドオーバーフローBOX サフデザイン HSBAO DCポンプ

実験システムの全景です。

水位がとても低いと感じられると思いますが、超強力なポンプを使って揚水しますので、あっという間に水位は上がってきます。

 

結果を纏めておきます

コントローラ出力 流量 備考        
30% 44L/分(2,640L/時間) VU40管1本で排水可能
40% 59L/分(3,540L/時間) VU40管1本で排水不可能
50% 72L/分(4,320/時間) VU40管2本で排水可能
60% 83L/分(4,980L/時間) VU40管2本で排水可能
70% 97L/分(5,820L/時間) VU40管2本で排水可能
80% 109L/分(6,540L/時間) VU40管2本で排水可能 インナーボックスのスリット量が足りず、水槽水位が限界に
90% 124L/分(7,440L/時間) VU40管2本で排水不可能 インナーボックスのスリット量が足りず、水槽水位が限界に
100% 134L/分(8,040L/時間) VU40管3本で排水可能 インナーボックスのスリット量が足りず、水槽水位が限界に

 

補足です

  1. 過去にも実験しましたが、DEP-20000を最大口径のVP50管で接続して一般的なオーバーフロー水槽で使用すると最大8,000L/時間もの流量が流れます。こんな流量が必要な水槽をお持ちの方は全アクアリストの0.1%もいらっしゃらないとは思いますが。。。
  2. 一般的なVP13サイズの給水管(送水管)を持つオーバーフロー水槽の落水配管はVU40のケースが多いと思います。排水量としては、3,000L/時間程度の流量しか流すことが出来ないことが判りました。
  3. スリット面積が少なくてオーバーフローBOXの能力を完全に発揮させる事が出来ないとは盲点でした。図面改定して側面にもスリットを増やせば良いと思いますので、もし8,000L/時間を本当に必要な方は参考図面を改定して使用下さい。

※当社主力製品で有るコーラルフラグベースを作ってもらっている中国の協力工場で本オーバーフローBOXを製作しましたが、1個作るのに2万円位掛かっています。(税・送料抜き)

20個位纏めて作れば、送料込み1.5万円位で提供出来ると思いますが、こんな製品欲しい方いらっしゃいませんよね??

 

スリット加工部だけ工夫すれば、自作も可能と思います。

 

You Tube動画も作りました

無駄に10分位有りますしビデオとしての出来も悪いので見なくて良いです。

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Overflow BOX for Large Flow rate."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

サイドオーバーフローBOX製作Part1

サイドオーバーフローBOX サフデザイン HSBAO DCポンプ

日本はオーバーフロー水槽というと、水槽内設置のオーバーフロー配管を使った物以外を殆ど見ることは無いですが、海外ではオーバーフローBOXを使用している事例が本当に沢山御座います。

有名ところで言えばESHOPSのエクリプスシリーズですね。

 

他にも沢山のメーカーが色々なサイズのボックスを販売されています。

 

日本と違ってカラフルな塩ビ配管が沢山売られているのも影響しているかも知れません。

 

そのまま購入しても塩ビ配管の規格が異なる為、日本では簡単に使うことが出来ないんですよね。

 

もちろん日本でも自作されている方のブログやYou Tubeをたまにお見かけします。

弊社取扱HSBAOポンプの顧客である”しろがね様”も、とても沢山のサイドオーバーフロー水槽を自作しておられます。

本当に色々な形のオーバーフロー水槽を自作されておりますし、水槽部屋の配管もとても凝った物になっており見応え有ると思いますので是非リンクからYou Tubeをご覧頂ければと思います。

 

多分、個別製作ではコスト高すぎて商品化しても売れないと思いますし、ニーズも少ないとは思いますが、大型ポンプの流量テストもしたいので、サンプルで製作してみましたので紹介させて頂きます。

 

大流量対応サイドオーバーフローBOX

参考の為に図面を載せておきますので、ご興味有る方は是非製作してみて下さい。

※外部ボックスは10mm位厚み方向を増やした(100mm→110mm)方がVP40配管の収まりが良いと思います。

★必要パーツ

  • オーバーフローBOX
  • 2インチパイプコネクター(日本では手に入らないかも知れません)
  • TSバルブソケット(VP40)
  • TS給水栓ソケット(VP40)
  • 塩ビ配管(VU40)
  • エルボ(VP40)
  • パッキンゴム(VP40用)
  • パッキンゴム(65A)

★製作工程

アクリル水槽にテンプレートでケガキました。

80mmのコア抜きを使って水槽に穴を開けました。

2つ綺麗に開ける事が出来ました。

水槽台に水槽を載せました。

2インチのパイプコネクターを使って内部ボックスと外部ボックスを接続するだけです。

※パッキンは水が漏洩しないような位置にセットしています

 

配管接続用にVP40の給水栓ソケットとTSバルブソケットを接続しました。

※両側の給水栓ソケットは切断しています。

※真ん中は緊急パイプ的な使用方法を考え長いままにしています。

後は、濾過槽に向かって好きに配管して頂ければ完成です。

 

配管の途中にバルブを入れて、流量コントロールすれば落水音も抑えられると思います。

※レッドシーリーファーと同じ原理です

 

次回は、大型ポンプを使用してどの程度の流量が流せるか確認しますので、大流量マニアな皆さんお楽しみに!!

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Overflow BOX for Large Flow rate."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

配管エルボ形状による流量減はどの程度?

90度エルボと45度エルボ接続で流量に差が有るのか?

 

このブログをご覧頂いた方から、当方アドレス宛てにこのようなメールを頂きました。

 

「配管を90度エルボで接続されてますが、抵抗が増えて流量が減ったり、ポンプに負荷が掛かったりと良いこと無いんじゃないですか?」という物です。

 

*ちなみにご覧頂きましたブログはこれです。

 

ご指摘通りなのですが、ネット上にアップされている事例を見ても、90度エルボで接続されているケースが大多数で、45度エルボで配管されている事例は、とても少ないのでは?と考えていました。

正直、狭い水槽台下部に収める事を考えると、90度エルボ使いたくなってしまうんですよね。

 

本当は、ポンプ室からストレート配管でオーバーフロー管に接続した方が良いに決まってます。

*ポンプへの負荷的にも、流量に関しても

 

また、FAQにも記載している通り、大流量ポンプの流路を極端に絞って使うのは流量減にも繋がりますしポンプに負荷が掛かって故障の原因にもなります。

 

なんて書きましたが、せっかくご指摘頂きましたので、90度エルボで接続するのと45度エルボで接続するのでは、どれだけ流量が変わって、使用電力量に影響が有るのか測定したいと思います。

 

今回はDEP-2500(2,500L/H)を使用して検証したいと思います。

 

水槽 塩ビ配管 オーバーフロー水槽 

 

残念ながら流路長さを厳密に揃えるのは難しいので、写真のように45度エルボの方が流路が短くなり、有利になる条件です。

 

また、水槽吹き出し口はどのオーバーフロー水槽も90度エルボが使用されていますので、そこはあえて90度エルボを残して実験してみました。

 

DEP-2500 HSABO 水中ポンプ 水陸両用ポンプ 配管 オーバーフロー水槽 DCポンプ

 

上:90度エルボ実験風景

 

下:45度エルボ実験風景

 

DEP-2500 HSABO 水中ポンプ 水陸両用ポンプ 配管 オーバーフロー水槽 DCポンプ

 

 

 

では、早速実験動画を御覧ください。

 

 

 

結果です。

名称 流量 電力量
 90度エルボ 1,254L/H(21.2L/分)  25W
45度エルボ  1,272L/H(20.9L/分) 26W 

 

45度エルボを使用して配管した方が、流量が多く流れましたが、実際は微々たる差異しかありませんでした。これでは45度にした方が良いですよ!とは言えないですね。流路長の差も有りますし。

 

これなら狭い濾過槽を有効に使える90度エルボを使った方が良いかも知れませんね。

 

皆さんの配管計画に少しでもお役に立てばと思います。

 

皆様良いアクアライフを!!

 

0 コメント

レッドシーリーファーG2発売で魔改造Ⅱは不要かも?

 

レッドシー社の大人気オーバーフロー水槽であるリーファーシリーズが大型モデルチェンジされてG2シリーズとして海外で発売されました。

 

落水バルブが新設計だったり、配管の色が綺麗な赤色に変わったり

大型モデルは吹出口が2つにになっていたり

リーフマットが簡単に設置出来るようになったり

中でも当社が注目しているのは給水配管のサイズです。

 

図面を御覧ください。

 

左が新型リーファーG2右が旧来のリーファーの図面です。


拡大してご覧頂くと判ると思いますが、ノズルの型番が変更になっています。


ポンプが接続する部分は型番が少し異なっていますが、 G2 という記載が増えているだけですね。

 

見た感じも太いホースが接続出来るようには見えません。

※海外の紹介ページを見ても接続出来るホースサイズの記載が有りません。


ここ特に重要です。

 

旧型に比べて明らかに新型(G2)の方がエルボ部の太さ太くなっていると思いません?

 

それにパイプとの接続部を良く見ると、

 

新型はパイプとノズルは単純なネジで結合されているのに対し、旧型はパイプの中にノズルの先端を差し込む構造になっているので、流路が大きく絞り込まれてしまっています。

 

残念ながら、濾過槽直上のホース接続太さは変更なさそうですので結局流量に変換無いかも知れませんが、魔改造Ⅲをして頂ければ今までのリーファー以上に流量が流れると思います。

 

当社実験水槽のレッドシーリーファー170も出来れば新型G2に入れ替えて検証を行いたいと思いますので、お楽しみに!!

 

 

そうそう魔改造の利点に関して、良くご質問を頂くので改めてここに記載させて頂きます。

  1. 配管を太くする事で大流量を流すことが出来ますので循環量アップします。結果、生体に優しく良い飼育水になり水がキラキラ輝きだします
  2. 配管抵抗が低くなりますので同サイズのポンプを使っても大流量が流れますので、ポンプの出力を抑えることが出来ます。結果、ランニングの大幅削減(揚水ポンプは24時間動いていますので、気付き難いですが省エネ効果大です)また高調波音も抑えられますので、環境にも良いですね。
  3. 配管を太くする事で小さいポンプを使っても大流量を流すことが出来ます。ポンプはサイズが大きくなる程価格が高くなりますので初期投資額が抑えられます

 

※数百円の改造でメリット多いので是非お試し下さい。

 

※もちろん改造は自己責任でお願いします。

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "New Generation Redsea Reefer G2."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント