レッドシーリーファー170+魔改造ⅢでのDEP-6000使用事例

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー170 DEP-6000 DCポンプ

 

レッドシーリーファーの流量改善相談を頂きました

 

レッドシーリーファーを使ってミックスドリーフを楽しんでいるお客様から下記問い合わせを頂きました。

 

突然のメール失礼致します。

私はレッドシーリーファー170でミックスドリーフを 楽しんでいる者です。

約一年半でソフトコーラルから始まり、その後一年でハタゴイソギンチャク導入し、最近ミドリイシを導入しました。

現在のシステムで生体に問題はないのですが 流量が少ないことが以前から気になっていました。

そうなんです。普通の水中ポンプを使っていてはレッドシーリーファー350以下の水槽では流量を稼げないんです。

 

※理由をお知りになりたい方は是非このブログを御覧ください

 

現在のシステムはサンプから リオプラス2100(60Hz)で GEX Cool Way BK110, ゼンスイUV BAZOOKAを直線で配管し ハイドール回転式ディフレクターを 介して水槽に戻しています。

実は中古でこのリーファーを購入した際に 元の所有者自作の塩ビ分岐管が付いていたのですが ごちゃつくのを嫌ってクーラー、殺菌灯を直線で繋ぎました。 ショップの店員さんも分岐してもしなくても どちらでも良いとのことだったので。

ちなみに塩ビ管は捨ててしまいました(汗)

色々な場所に100回位記載させて頂いておりますが、ポンプ→クーラー→UVランプ→水槽という直列接続は100害有って一利無しです。

 

実は当方のブログをショップの店長様やインストーラー様がご覧頂いて取引に繋がったりもしています。

プロの方でも流量計を使って流量を測定されている方は殆どいらっしゃらないので、当方の各種ポンプ実験結果をご覧になられて興味を持って頂いているようです。

 

またこのお客様の構成に限りなく近い組み合わせでも実験を行ったことが有りますので、このメールを拝見しただけでどの程度の流量が流れているのか推察出来ちゃいました。

 

前置きが長くなりましたが質問があります。

・クーラーを接続するのに分岐管は必要なのか?

・直列で接続するのは良くないのか?

・直線で繋ぐ場合の推奨ポンプ

・クーラーへ分岐させた時の推奨ポンプ

ブログ拝見させていただき、6000が推奨かな とは思ったのですが、クーラー、殺菌灯、ディフレクター を直線で接続するとどうなのかなと思い質問させていただいたました。

ちなみにリーファーの配管に細い部分があるのはわかっているのですが排水口の改造までは私にはハードルが高いと考えています。 お忙しいところ大変恐縮ですが回答いただけると幸いです。

とても丁寧な文章と共に、綺麗な3枚の写真を添付したメールを頂戴しました。

 

最近は、毎日数件のメールを頂戴しておりますので、少し返信が遅くなったりする事も御座いますが、基本的に全ての問い合わせに目を通して少しずつ回答して参りますので、もし問い合わせしたのに返信が無い!と思っているお客様は是非ともメールの再送信をお願いします。

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー170 DEP-6000 DCポンプ

 

殺菌灯の取り付け位置も良いですし、ろ材もたっぷりはいっているのにシンプルに纏まっていてとても綺麗ですね。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー170 DEP-6000 DCポンプ

 

クーラーも真横にセットされており、最高のレイアウトでは無いでしょうか?

 

メールに返信させて頂きました

 

お問い合わせ有難うございます。

 

当方実験水槽とほぼ同じ構成ですね。

直列接続が駄目な点はこのブログをご覧頂くと判ると思います。

 

今まで流量を測定して公開している人が居なかった為、

皆さんポンプに記載の定格流量の6割程度は出力出てるだろう。位の気持ちで「うちの水槽は10回転してます」「うちは12回転です」なんて推測値を披露されておられましたが、実際は水槽用ポンプの能力はこんなものです

 

という事で、直列接続は無しでお願いします。

 

1時間当たり回転数は飼育者様にそれぞれの拘り有りますので難しいですが、

この改造をして頂ければDEP-6000でOKだと思います。

(余裕の6回転/時間)

 

この改造が難しければ少し余裕を持ってDEP-8000なんてどうでしょうか?

もちろん配管はこのブログを参考に製作頂ければ結構ですし、もし難しければ弊社製品をご購入頂けましたらとても嬉しく思います。

 

※この同日に数回メールをやり取りをさせて頂いた所、DEP-6000レッドシーリーファー用配管SPL(魔改造Ⅲオプション付き)を同時に購入頂きました。

 

 

レッドシーリーファー用配管魔改造ⅢSPL

 

標準キットと違い、ホースコネクターでの接続では無く、水槽接続側配管はVP20切りっぱなしになっています。

 

また、水槽側を改造する為の給水栓ソケットもセットにしました。

 

写真には写ってませんが、内径25mmのホース・ホースバンド・シールテープもセットにさせて頂きました。

 

※興味有るお客様は遠慮無くお問い合わせ下さい。標準品+1000円でご提供させて頂きます。

 

商品到着後すぐレビューメールを頂戴しましたので、ここに紹介させて頂きます。

 

 

※赤字は当方コメントです

 

お客様レビューのご紹介です

 

本日、ポンプ導入させていただきました。

 

最初の動画はリオプラス2100(60Hz)でのクーラー、

殺菌灯直結での水槽に戻る箇所(ディフレクター)の動画です。

 

 

 

ちょろちょろです。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー170 DEP-6000 DCポンプ

※この写真に写っている物がキットの全てです(もちろん水槽は除きます)

 

おかげ様で魔改造IIIは簡単に出来ました。

太ホース(内径25mm)も熱湯で温めるだけですんなり接続出来ました。

ただその下の太ホースと配管部の接続が温めるだけでは奥まで入らず、白色ワセリンを少量だけ使いましたらするすると入りました。

 

ちょっとしたコツですね。

 

クーラーへのホースと戻ってきて殺菌灯に繋がるホースが硬くなっていたので少し苦労しましたがこの辺はシリコンホースに変更したいなあと思っています。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー170 DEP-6000 DCポンプ

 

※色からするとエーハイム様のホースですね。元々硬いホースですし経年変化で更に硬くなってしまっていたのですね。

 

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ レッドシーリーファー170 DEP-6000 DCポンプ

※そんなに大きくないキャビネットですが、とても綺麗に収まって安心しました

 

二つ目の動画はDEP-6000ポンプでのクーラー、殺菌灯分岐全開、リオプラス2100と同じ38W(75%)でのサンプに戻ってきた部分です。

流量にびっくりしました。こんな量見たことありませんでした。

 

※ポンプの能力も高いですが、配管接続部の狭さを解消したのも流量増に大きく貢献しています。

この動画はDEP-6000ポンプでのクーラー、殺菌灯分岐、38W(75%)のディフレクターです。

 

※先程の動画と比較してご覧下さい。早送りかと思う位ディフレクターが勢いよく回転しています

 

 

この画像は殺菌灯からの戻りです。確か出力50%の時だと思います。十分だと思ったのでとりあえず、今は出力50%で維持してます。今後調節するかもしれません。

 

※このホースは出来れば水槽から落水している配管が設置されている部分と同じ場所に戻して頂けますとベストです。

 

かなり余力を残して、今までよりも流量がアップしたので全体的にとても満足してます。

 

電気代も下がりますしDCポンプのいいところですね。

 

メンテナンスをしっかりして寿命が長ければ言うことなしですね。

 

※ご満足頂けたようで安心しました。どのポンプでも使用期間が伸びてくるとどうしても流量低下に繋がります。そんな時はポンプを分解して清掃頂くか、もし面倒臭ければ相当余力を残してでの使用になりますので、コントローラーをポチポチして頂ければ流量アップします。

 

今回は写真や動画をふんだんに盛り込んだレビューを頂きまして誠に有難う御座いました。

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Diabolical Modified for RedSea Reefer."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

【メーカー非公認】DEP-2500をプロテインスキマー用ポンプとして使用する

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-2500 DCポンプ

 

DEP-2500をプロテインスキマー用のポンプとして使用する!?

今回のお客様紹介はとても変わった事例の紹介になります。

 

初めはポンプ用の給水部カバーを購入したいという連絡でした。

 

カバーが割れたのかと思い、色々質問させて頂いた所、タイトル通りDEP-2500をプロテインスキマー用ポンプとして使用されているとお教え頂きました。

 

※HSBAOはスキマーもニードルインペラーも発売しているのですが、日本では訳有って取り扱いしておりません。

 

とても面白い事例の為、レビューをお願いした所、快諾頂きましたのでここに紹介させて頂きます。

 

※今回の使用方法はメーカー非公認となりますので、もし真似をされるお客様がいらっしゃいましたら自己責任で色々と注意の上対応頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

※赤字は私のコメントになります

 

お客様レビューのご紹介です

 

今回は、とある理由でHsbaoのポンプをレビューさせて頂くことになりました。

 

当方がこのメーカーのポンプを使い始めたのは、かれこれ4~5年位前になるでしょうか。

 

それまでDCポンプはwavelineやjebaoを使っていました。

 

※どちらもHSBAOの競合メーカーです

 

どちらのメーカーもスキマー用に1~4年使用してましたが、特にトラブルなく使用していました。(DCポンプは壊れると知った上での使用でしたが、壊れませんでした。6~8割位の出力で) 

 

 

オーバーフロー水槽 配管計画

 

ただ一つだけ、jebaoのスキマーポンプで、シャフトが軸受けのセラミックに固着してポンプ停止するといったトラブルがありました。

 

軸受けを壊して交換すると問題なく動きましたので、ポンプの故障ではありませんでした。

 

この固着したポンプはCaリアクターで硬度をあげていたのでそれが多分原因です。

 

そんなに故障も出なかったのですが信頼性の高いDCポンプを探し始め、こちらのHsbaoポンプに出会いました。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-2500 DCポンプ

 

当時、Hsbaoではスキマー用のインペラーがなかったものの、jebaoのインペラーがサイズもぴったり収まったので動かしてみると、全く問題なく動き始めました。

 

Hsbao DEP-2500jebao DCS-2000のインペラーです。

 

それからこの組み合わせが気に入り。多分5年以上ノートラブルで働いています。

 

昔はハイパワースキマーのポンプ、ACだとかなり電気喰って振動も大きい。

 

当時からするとDCスキマー自体、電気消費も振動も少ない 夢みたいなスキマーです。

 

今は少しスキマーへの依存を下げているので弱運転です。

 

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-2500 DCポンプ

 

 

コントローラーの30は、99段階のうちの30です。消費電力たったの6W 水量100literくらいで餌は控えめの水槽です。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-2500 DCポンプ

 

それにほぼ無音…  こんな有難いポンプはありません。

 

Hsbaoを気に入った一番の理由は、コントローラー!です。99段階調節でかなりの低流量まで調整可能。

 

ACポンプしか無かった時代からしたら、まさに夢のポンプです。

 

まぁ、配管抵抗に弱いとか弱点はありますけど…。これは用途や使用環境次第で改善できますし。  

 

※可能な限り太い配管で接続して下さい。そうすると信じられない位流量が増えます!!

 

この文章以下の画像はDEP-1200です。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-1500 DCポンプ

 

流量も少ないため購入してから保管してました。が、最近揚水ポンプに役が回ってきました。

 

配管は13A塩ビサイズで高低差、20㎝位で画像の流量です。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-2500 DCポンプ

 

え⁉ 少ない… そうなんです。

 

少ない最弱の99段階のうちの1、消費電力 僅か3Wです…。

 

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-1500 DCポンプ

 

 

流量が少ないと言ってもマキシジェットならMP-400くらいはありそうですです。

 

マキシジェットより電気喰ってません。

 

ただしMAX流量にしたら、ワットメータで確か17W位まで喰ってました。

 

(;´д`) 控えめ運転があまり電気喰わないみたいですね。

 

これも99段階調節の成せる技でしょうかね。

 

因みにACポンプだとマキシジェットMJ-1000やMP-1200は消費電力17~19Wですね。

 

低負荷ではHasbaoの方が流量多いです。

 

それに、DCポンプは全般に振動がかなり少ない、ってかほとんど振動ないのでACポンプの様な「ブーン‼」て振動音はありません。

 

良く寝れますよ(;´д`) もうDCポンプ止められまへん! 

 

※お客様本当に面白いレビュー有難うございました。

 販売者としてこんな事が出来るとは思っていませんでしたので、本当にビックリしました。

 皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Overflow Aquarium Pump."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

880特殊サイズオーバーフロー水槽でのDEP-6000使用事例

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-6000 DCポンプ

 

水槽入れ替えに際して配管のご相談を頂戴しました。

新しい水槽(880*540*500)の導入を検討しています。

買い換え検討中の水槽で水量が出ないようでしたら、別途、内径20mmか25mmで戻し管を設けるつもりです。

水槽への戻り水量は4~5回転すれば個人的には満足なのですが、クーラーへの送水を多くできないかと考えています。

ポンプからの分岐後、水槽への配管よりクーラーへの配管の径を大きくする、または分岐の際にクーラーへの配管を縦のまま(ポンプからの水の流れどおり)、ポンプへの配管を横に分岐する等何かいいアイデアがあればお教えいただけば幸いです。

よろしくお願いいたします。

フルオーダーでの水槽ご発注ですね。

設置スペース等に合わせて寸法を決めることが出来るのはとても良いですね。

 

ご希望を叶える為に下記のような提案を返信させて頂きました。

 

クーラーへの流量を増す方法ですね?

添付のような形でクーラーへ内径19mmホースで接続する方法は如何でしょうか?

オーバーフロー水槽 配管計画

 

お客様レビューのご紹介です

 

水槽立ち上げから1ヶ月以上経過して安定運用されているという事でレビューを頂戴しました。

 

※赤字は私のコメントになります

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-6000 DCポンプ

 

配管系統を説明する為の資料を添付頂きました。

水槽をご覧頂いても判りますが、細かい点にまで配慮が行き届いたとても良い配管計画だと思います。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000 DCポンプ

 

お世話になります。

3月27日に新しい水槽(88*54*50)に入れ替え、やっと水質も安定してきたようですので

DEP-6000を使用している写真をお送りします。

 

水槽だけで無く架台もオーダーなんですね。クーラーの給気口も確保されており機能性もデザインもとても良いですね。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-6000 DCポンプ 配管

 

水槽への戻り配管を太くするのがよいとのアドバイスがありましたので

水槽を注文する際、水槽への戻り配管をVP20で製作してもらいました。

 

水槽への戻り配管は太ければ太い程ポンプの能力が活かせ流量を増やせますし、ポンプ出力を絞る事が出来ますので省エネにも貢献します。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-6000 DCポンプ 配管

 

机上の計算では外管(VP40)との間に十分空間を確保できると考えてましたが、エルボー部分のサイズが大きくなるのを忘れていて、受け取りの際、実物を見て濾過槽への排水がちょっと心配になりましたが、問題はありませんでした。

 

確かにキャビネット内にギリギリに配管が収まっていますね。

90度エルボでの接続でもそれほど流量低下が発生しない事実験で確認済ですので、ぎっしりキャビネット全然問題無いと思います。

 

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-6000 DCポンプ 配管

 

クーラー側配管も切り離し出来るようにユニオンを入れているのがとても良いと思います。

 

 

側面から見ても濾過槽内にぎっしりと設備が詰まっている事判りますね。

 

使用した結果、クーラーへの分岐をしても、80%程度の運用で十分満足できる流量を確保できました。

 

以前の水槽で使用していたレイシーRMD301と同様の水量で、かなり静かになりました。

良いポンプでありがとうございます。

 

ポンプを購入した際はもうひとつ大きめのサイズを買うべきだったと思いましたが、個人的にはDEP-6000で十分だったと思います。

(水量の回転数が6回転以上必要と考える人であればDEP-8000をおすすめしますが…)

 

水槽のレイアウトはまだまだですが、自作ライプロックのあく抜きが終われば、レイアウトをし直す予定です。

 

あと、よろしければ、You Tubeにも投稿していますので、ご視聴いただければ幸いです。

 

(内陸県の海 2021年4月 で使用ポンプを記載しています。)

 

今回はお忙しい中、素敵な水槽をお見せ頂き誠に有難うございます。

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Overflow Aquarium Pump."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

バブルメイガス ロールフィルターをレッドシーリーファーにセットする

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000

 

レッドシーリーファー250用にDEP-12000をお使い頂いているお客様よりご質問を頂きました。

某所で購入したロールフィルターがリーファーのメイン排水パイプに入るかどうかが気になっています。

他のショップに確認したところ「リーファーにつけれるかはわからない。

そもそもサンプが小さいので改造かサンプの交換が必要。

ロールフィルターについての問い合わせはたくさんあるが難しいと解答している」とのことでした。

 

ロールフィルターの存在は海外のサイトやYou Tubeで良く拝見していたのですが、サイズ感も判りませんしリーファーの塩ビパイプが本当にどのようなサイズの製品なのか判らなかったので、過去にお客様にお教え頂いた情報のみ提供させて頂きました。

 

「リーファーは確かに海外サイズ規格の塩ビパイプなので、国内配管との変換は正直難しいのですが、弊社お客様で研究好きな方がこのような報告を上げてくれています。

 

私が実際に試して無いのですが、このような蛇腹を使うとVP25に変換出来るようです。

しかしながらバブルメイガスも配管は海外規格なのでは無いでしょうか?

それで有れば変な風にJIS規格パイプに変換するより、海外規格のまま接続するほうが良いような気もします。」

 

とても面白そうなDIY内容だったので、設置できたらレビュー頂けませんか?とお願いした所沢山の写真を添付したレビューを頂戴しましたので、当社取扱い製品では御座いませんが、ご紹介させて頂きます。

 

以下お客様レビューです

オーバーフロー水槽 ポンプ 配管 DEP-10000 水中ポンプ

 

ロールフィルターが来たのでリーファー250につけてみました。

 

サンプの高さが必要なのと水位調整のために100円均一のかごを加工して中にzooxのスポンジ仕込んでます。

オーバーフロー水槽 DCポンプ 配管 DEP-10000 水中ポンプ

 

奥行きがこのサンプは34cmでもう少し大きれば設置が楽だった気がします。

 

 

 

リーファーのメイン排水はカットせず緊急パイプのみ干渉するのでカットしました。

 

これも第一層がもう少し横幅広ければ問題なかったのですが疲れた頭の中での苦肉の策でした。

 

オーバーフロー水槽 DCポンプ 配管 DEP-10000 水中ポンプ

  

メイン排水はvp25エルボでシールテープ使って無事機能しています。

 

ホースでの接続はシリコンホースでないと硬いので難しいです。

 

 

エンドキャップはvp25×16のチーズでクーラー→海藻リアクタでメイン排水と合流させ汚れや海藻がポンプに入らないようにする予定です。

 

 

オーバーフロー水槽 DCポンプ 配管 DEP-10000 水中ポンプ

汚れがたまり目詰まりしてくると水位が上がりセンサーが巻取りを開始して常にキレイな状態が維持されます。

 

 

オーバーフロー水槽 DCポンプ 配管 DEP-10000 水中ポンプ

一応機能もしていますが1番の難点は水位です。

 

水位が深すぎるとすぐに少しの詰まりでセンサーが反応し汚れをあまり取らずに巻き取ります。

 

なので今回100円均一のカゴでかさ上げしています。

 

 

 写真撮影や送付有難うございます。

 

本当に本当に助かります。

 

 

 

今回は当社取扱い製品の紹介では御座いませんでしたが、如何でしたでしょうか?

 

狭いサンプ内にとても工夫を凝らして、設置されている様子がご理解頂けけましたか?

 

工夫を皆様に情報共有したい!とか、面白そうなネタをお持ちの方、是非当方ブログで紹介させて下さい。

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Roll Filter with Redsea Reefer 250."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

コーラルフラグベース(小) お客様使用事例ご紹介

 

当方ショップでの売れ筋は圧倒的に水中ポンプです。

 

数量ベースでは、同じくらいのボリューム売れているのがコーラルフラグベースです。

 

所謂フラグ珊瑚を育てるための土台ですね。

 

今回は当方取扱のコーラルフラグベースのヘビーユーザー様からレビューを頂きましたので報告させて頂きます。

 

全てはご意見メールを頂戴した所から始まりました

お世話になります。

先日サフデザインさんのフラグラックを購入した者ですが、全てのフラグが完全に入りません。

このような仕様でしょうか?

 

丁寧に写真まで頂きましたので、一目瞭然!!

 

先端しかフラグベースに刺さっていない状態です。

 

コーラルフラグベースを製造するに当たっては、実はかなり沢山のメーカー様のフラグサイズを調査した上で穴サイズを10mmφに決定させて頂いておりました。

既に300個以上販売しており、このようなご意見頂戴する事無かったので、お恥ずかしながら実は10mmφの穴に入らないフラグが有るとは知りませんでした。

 

でしたので、この時は「仕様です」と冷たいメールを返すしか御座いませんでした。

 

その後You Tubeで下記動画を見つけて、これは沢山の方が困っているケースも考えられると思い、前回ロットより穴サイズを10mmφから11mmφに変更させて頂きました。

 

せっかくなので、ご意見頂きましたユーザー様にも新しい製品を使って貰いたい!と思い1台お届けさせて頂きました所、丁寧にレビューを頂戴しました。

 

お客様レビューです

写真見にくくてすみません。


右上が今回の商品でその他3つが以前のものです。


以前からサフデザインさんのフラグラックを愛用しており今回モデルチェンジということで使わせて頂きました。


以前は10mmフラグが入らなくてプラグ側、ラック側を削ったりして使用していましたが、今回のモデルチェンジで10mmのフラグも削ることなく入っています。


また、磁石部分も外側の磁石(水槽に貼り付ける面)にフェルト生地が付いており水槽に傷がつかないようになっています。


デザイン、コスパを考えるとサフデザインさんのフラグラック一択ではないでしょうか。

 

過去に3個も購入頂いているなんて、この写真を頂戴するまで存じ上げませんでした。

 

とても綺麗なマメスナギンチャクのフラグがベース一杯に引き詰められています。

 

カラフルなマメスナギンチャクがとても綺麗ですね。

 

ご指摘通り、今回は外部磁石にフェルトを付けて水槽への傷防止対策をさせて頂きました。

 

お客様、写真撮影とコメントメール本当に有難う御座いました。

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Review of Coral Flag Base."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント