サイドフローボックス製作

サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス

過去に紹介させて頂きましたサイドフローボックス製作ブログを見たお客様より特注でのサイドフローボックスの製作依頼を受けましたのでご紹介させて頂きます。

 

お客様よりのリクエスト

弊社が公開している図面に赤を入れて頂いた上でメールを頂戴しました。

 

サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス
サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス

スリット部分が一番悩みどころでしたが、ボックスを5mm落としで取り付けた際に水面が水槽上端から30mm程度になればと思っています。(水面上昇10mm程と予測) おかしなところがあればアドバイスいただけますと幸いです。


これから立ち上げる水槽の計画内容も少し記載しておきます。

ブログ記載時の補足情報として使っていただいて大丈夫です。(あくまで計画ですが)

水槽サイズ:1200×600×400H(約320L:サンプ水量込み):広くて浅いリーフタンクを立ち上げる予定ですが、下記の理由によりサイドオーバーフローが適していると判断しました。

・底面を広々使いたい

・落水音を極力小さくしたい

・バックが黒は好みではないので、側面からの給排水仕様にしたい

 

※ペニンシュラタイプの既製品は大半がでかくて深い あとは排水を2ルートに分けて、スキマーラインとリフジウムラインをつくりたいというのもあります。

前回のブログにも記載させて頂いたのですが、日本では3重管によるオーバーフロー水槽が主流ですが、海外ではサイドフローボックスによるオーバーフロー水槽の方が主流です。

 

頂きました図面が御座いましたので図面を改定して提案させて頂きました。

 

サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス
サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス
サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス

図面も記載頂きましたので内容良く理解しました。

何点か質問と疑問です。

  1. スーパーバルクヘッドの全長が115mm御座います。インナーボックス寸法がこれではセットする時に入らないような気がします。(出来るだけインナーボックスの寸法を薄く作りたいこと十分理解出来ます)
  2. 側面のスリットはもう少し増やしても良いでしょうか?デザイン的に格好良く収めたいですね。
  3. アウターボックスの下面両側の穴が端に寄りすぎでバルクヘッドの収まりが結構ぎりぎりなので後5mmは内側に入れたいですね。

メールをお送りした所とても早く返信を頂戴しました。

1. スーパーバルクヘッドは購入してしまいまして、特に問題なければこのまま進めたいと思っております。 長さについては、全長49mm位置でカットしたものを取り付ける予定でした。ガラス厚10mm、シリコンの厚みを考慮するとちょうどのサイズかと思ってます。

この方法で問題はありそうでしょうか?

2. スリット前面の方が美しいですね!この仕様でお願いいたします。

3.ご指摘の通り、ギリギリですね。サイド2本を5mm内側へお願いいたします。

サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス
サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス
サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス
サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス

お客様に承認を頂いたので速やかに製造工程へと掛かる事が出来ました。

 

通常で有ればコーラルフラグベースを製作依頼している工場にお願いするのですが、新しく製造をお願い出来る工場を探していた事も有り、今回はTwitterで紹介を受けためだか工芸(めめ)様”にお願いする事にしました。

 

めだか工芸(めめ)様ご紹介

本業でアクリル板の加工をされている方で、お友達と「めだか工芸」という屋号でいろんな物製作イベント等で販売されています。アクアリウム関連の各種装置も製作されておられますので、もし自作するにはハードル高いと思われる製品等御座いましたら是非ご相談をされると良いと思います。とても親切ですし信じられない位レスポンスの良い業者様になります。

 

自社製品を販売される為のページもお持ちですのでリンクを貼ってをおきます。

 

竜の落とし子様ご紹介

※実は最初は”竜の落とし子様”にお願いしようと思ったのですが、レーザー加工機をお持ちでは無いとの事で見送りになってしまいました。

”竜の落とし子様”が作られている製品は非常に綺麗で彫りも入っているので、すっかりレーザー加工機をお持ちと勘違いしておりました。

あのクオリティを手彫りなんてグレート過ぎます。

色々な製品を作られ販売されていますので、是非とも”竜の落とし子様”のTwitterもご覧下さい。

 

ちなみにめだか工芸(めめ)様””竜の落とし子様”に紹介頂きました。本当に感謝しか御座いません。

 

完成写真のご紹介

※完全に当方ミスで磨きを掛ける前の写真しか御座いません。汚れているように見えるのは磨き前の製品だからです。実際はピッカピカの格好良い製品が仕上がりました。

サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス

透明のボックスが外部ボックスで黒い方が内部ボックスになります。

サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス

飛沫防止の為に蓋も付けました。

サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス

蓋の詳細です。

サフデザイン HSBAO DCポンプ オーバーフローBOX オーバーフローボックス

違う角度から

スリットは全面だけで無く側面にも入れました。

 

今回はこのようなご注文頂きまして誠に有難う御座いました。

 

お客様は設置後に写真等も公開頂けるとの事ですので、写真頂いた後にブログで公開させて頂きますので楽しみにしていてください!!

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Side flow box for aquarium"

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

JEBAO DCPー3000用分岐配管作成

レッドシーリーファー250  魔改造 サフデザイン HSBAO DCポンプ ナプコ ニュージェット DC4000

 

配管キットの相談を沢山頂き、沢山の配管キットを製作販売させて頂いております。

 

初めてJEBAO DCP-3000用のポンプ向けの配管キットのご注文を頂きましたので紹介させて頂きます。

 

ホームページを拝見してもどこにも排水側に接続可能な塩ビ管サイズが記載されていないんです。

そもそも国内ではこの型番の製品が販売されていないので困っていた所、お客様よりVP16接続が可能とのお話を頂戴しましたので、珍しくVP16で配管を組んでみました。

 

弊社が標準的に扱っている配管サイズはVP20とVP25になりますので、少し細めの配管ですが、流用も多くないと思いますし、T字のホースコネクターを使って分岐するよりは大流量を流せると思いますので、これはこれで良い選択だと思いました。

 

ちなみに弊社取扱のポンプで排出側にVP16が接続可能なのはDEP-1200になります。

これよりワンサイズ大きいDEP-2500VP20接続になります。

 

実は製作は全然難しく無く簡単に終わってしまいましたので、写真の紹介と同じ物をDIYで製作したい方の為に、部品リストを添付しておきますので、参考に是非組んでみて下さい。

 

もし塩ビ切断・接着等不安な方は弊社配管を購入頂ければ幸いです。

※様々なカスタマイズをお受けしておりますので遠慮なくご相談下さい。

 

 

写真公開

HSBAO DEP-1200 サフデザイン HSBAO DCポンプ

前述の通り弊社ポンプDEP-1200と出口サイズが同じだったので、DEP-1200にセットして写真を取りました。

配管が随分大きく見えるかと思いますが、ポンプが小さいが故だと思います。

レッドシーリーファー250  魔改造 サフデザイン HSBAO DCポンプ ナプコ ニュージェット DC4000

定規を見て頂いて判る通りポンプ下面から46cmの高さになっています。

ご要望有ればT字分岐の後90度や45度のエルボを入れる事も可能です。

HSBAO DEP-1200 サフデザイン HSBAO DCポンプ 

ポンプ直上にユニオン継ぎ手を入れてますので、ポンプメンテナンス時に簡単に配管からポンプを切り離す事が出来ますので、とても便利だと思います。

HSBAO DEP-1200 サフデザイン HSBAO DCポンプ 

写真では両側のバルブを締めていますが、

冬場はクーラー側のバルブを締めた上でコントローラー出力を絞れば省エネ運転が可能です。

※週1回以上クーラー側のバルブを開いてクーラー側の水を循環させないと水が腐食しますので、その点は注意下さい。

 

メンテナンス時(濾過槽清掃時)は水槽側のバルブを閉めてクーラー側に循環水100%流れるようにすればメイン配管にデトリタス等を送ること無くフィルターやウールマットでゴミも含めて濾し取ることが出来るでの水槽側にもバルブを付ける事お勧めします。

※キャビネットサイズによっては水槽側にバルブを入れると高さが足りなくケース御座いますので、その辺はお使いのキャビネットに応じて組んで頂ければと思います。

 

必要部材公開

当社は資材調達はMonotaROを利用しておりますので、MonotaROのページのスクリーンショットを載せておきます。

殆どのパーツはホームセンターでも入手可能と思います。

もちろん他には塩ビ用接着材や塩ビカッターやリーマーも必要になります。

今回は新しいポンプへの接続用配管製作依頼を頂きまして誠に有り難う御座いました。

 

お陰様で当社にも知見がまた一つ蓄積される事になりました。

 

HSBAO以外のポンプでも接続出来る可能性が有りますので、もし配管キット気になる方はどんどん問い合わせ下さい。

 

もちろんDIY精神溢れる方は是非配管組チャレンジ下さい。

 

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Overflow Aquarium Pump."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

レッドシーリーファー保給水タンク用アクリル蓋の作成方法

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000 DCポンプ

 

ブログ公開のきっかけ

Twitterを見ていたら星筒-hoshitsutsu様が面白い自作部品を公開しておられました。

https://twitter.com/hositutu/status/1589621537686294534

 

早速コンタクとを取り図面無償公開許可を頂きましたので、ここに公開させて頂こうかと思ったのですが、製造方法と寸法の纏めを作った方が皆さんのお役に立つと思いましたので方向転換です。

 

星筒-hoshitsutsu様ちょびっと紹介

Twitterを初めてから色々な方をフォローさせて頂いておりますが、関東で一番綺麗な水槽だと思うのが、星筒-hoshitsutsu様の水槽です。

※もちろん筆者の主観による物で、他の方も沢山綺麗な水槽を公開されています。

 

星筒-hoshitsutsu様の水槽は静的な美しさが際立っています。兎に角サンゴがビカビカに光り輝いているのに嫌らしさが無く、上品に水景を切り取られています。

なんというか、空気が澄み切った夜景の一番綺麗な一瞬を切り取った風景画に匹敵する美しさで、初めて拝見した時は息を呑みました。

もちろん動画で拝見してもその美しさに変わりがなく、抜群の美しさです。

 

不定期で枝打ちを行い、そのビカビカサンゴを販売されているので、一歩でも星筒-hoshitsutsu様に近づきたい方は要チェックです!!

リンクはこちら

 

材料注文の仕方

正直材料さえ準備出来れば作業の90%終わったようなもんです。

 

弊社実験水槽リーファー170を例に説明させて頂きます。

 

画像で説明しやすかったのではざいやさんでのオーダー方法の説明です。

あくりやさんでも同様の事可能です。

 

まずはHPを開きます。

※アフィリエイト等しておりませんので、上のリンクからでも安心して開いて頂けます。

上のバーから”自動お見積り”をクリック

左上の板の簡易モードボタンをクリック

hsbao dcポンプ 直流ポンプ オーバーフロー水槽 DEP-4000 DCポンプ

後はここにて選択肢を選んで数値を入れるだけで図面まで完成です。

 

ちなみに弊社実験水槽のタンク寸法を測定した所、120mm×225mmでした。

よって、120mm×225mmと入力したい所ですが、蓋を稼働させる必要が有りますので、蓋のサイズを50mmとしたい方は120mm×175mm 120mm×50mmの2枚作る必要が有ります。

※レッドシーリーファー170以外をお使いの皆様は自身で寸法測定してみてください。もし数値をお教え頂けたら下記に表を追記して公開したいと思います。

上は参考までに入力した画面です。素材はアクリルの黒色板5mmで設定しました。

カラフルな板も選べますし板の厚みも自由に選択出来ます。

自分で使う分には、断面(小口)の処理気にする必要無いとは思いますが、こだわる方は”加工をしてから見積り”ボタンをクリックして、断面処理の選択も可能です。

四面を異なった仕上げにする方はいらっしゃらないとは思いますが、1面毎に仕上げを変えてみました。

 

※小口仕上げの差は以下のとおりです。

小口仕上げが決まれば右下の”加工を終了して見積画面へ”をクリックすれば完了です。

 

これを蓋の分と2枚繰り返せば板は完成です。

 

もちろんベース部と蓋部の色を変えても良いですね。

次は蓋の掛りや蓋の取手を作る為の四角棒を購入します。

 

メインページを下にスクロールすると”アクリル三角・四角棒”が見つかると思いますのでそこをクリック。

これは好きな寸法を選べば良いと思います。

5×5位がオススメです。

ここまでくれば後は接着剤とヒンジを選ぶだけです。

 

なんとも情けないのですが、このサイトで見つけることが出来なかったのでアクリや様のページからの引用です。接着手順も載っていましたのでリンク貼っておきます。

 

もちろんAmazonでも売っています。

後は接着剤ですね。

 

これはアクリルサンデー接着剤一択だと思います。

 

 

リンクをご覧頂ければ使い方も判ると思います。

 

道具が揃えば接着剤を使って貼っていくだけです。

 

もちろんアクリル用カッターも有ったほうが良いとは思いますが、市販のカッターでも傷を付けてからのポキっとで四角棒は切断可能と思います。

 

タンクの板厚を考慮して、内側に適当な長さに切った四角棒を3箇所貼って、

蓋側にも取手を付けましょう。こちらは手が触れる部分ですので、綺麗に仕上げた方が良いと思います。

 

まだ弊社で製作してませんので、偉そうに言えませんが、最初にヒンジを付けた方が良いと思われます。

一品製作物の情報公開を快く許可頂いた、星筒-hoshitsutsu様本当に有難う御座いました。

 

info.saffdesign@gmail.com

 

皆様良いアクアライフを!!

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Put the lid on the Red Sea Reefer's supply tank."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

【大公開】超弩級レッドシーリーファー350旧バージョン改造

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

先日ブログにて公開させて頂きました”超弩級レッドシーリーファー350改造計画”のお客様より完成報告を頂戴しましたので、ここに紹介させて頂きます。

 

※もしブログを読んでおられない方は是非上記リンクよりブログをご覧頂けますと幸いです。

 

お客様メッセージ

コメントはバブル内に記載させて頂きます。

以前リーファー350の設計をして頂きました、その節はお世話になりました。

その後試行錯誤を繰り返し、先月無事に完成しまして、実際に使いながら不備が無いか点検、改善などを要し無事問題無しと判断致しました。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

御覧ください、狭いキャビネット内に上手に配管されています。

赤いパイプと白いコンポーネントの色合いも良いですし、エルボを何個も利用して上手く配管を施工されています。

メイン配管とUV/クーラー用配管の太さの差にも気付いて下さい。

アクアギフト様が販売されているオーバーフロー水槽には標準で組み込まれている逆止弁も非常に綺麗にセットされていますね。G3では標準になったりして。と思ったりもしています。

※下の写真が参考にお送りした画像です。
hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

CGはごまかしが利きますが実配管はごまかしが効きませんので本当に大変な作業だっと思います。

文章にも”試行錯誤を繰り返し”と記載されていますが、良く完成まで持っていかれたと思います。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

配管集中部分と落水部分です。

水槽との結合部はホースを利用されていますが、最小かつ直線的に収められていますので、とても綺麗な仕上がりですね。黄色のホースバンドも良いアクセントになっていると思います。

惜しいのは弊社プロテインスキマーが青い事です。。。

これが赤なら完全な統一感が出て更に格好良いキャビネットになっていたに違い有りません。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

背面はパイプも白にされたんですね。細かい点まで拘りぬいた配管施工完璧ですね。

UVへの配管もクーラーへの配管もCG以上に綺麗に仕上がっていると思います。下に貼っている動画でご覧頂くと綺麗さが良く判ると思います。

事前にお送りしたCGと頂戴した動画を貼っておきます。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

安価に出来る小型水槽のデジタル温度計や自動給水、エアレーションスキマーなどを配電盤に格納連結、モニタリングや給水の統一、また震災時に上部から海水が飛散しても漏電を回避するために電源TAPの格納や、それに伴う配線各種も隠しました。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

通常クーラーを収めるエリアにはスイッチや各種コントローラーが綺麗に配置されています。

沢山の配線が有りますが、電源タップへの海水飛散も防止するためにここの収納されています。

ろ材スペースは完全に空けてフラグ養生スペース、また活性炭は浮くためダイソー水切りでサフスキマーの高さ調整にて出力高めで運用しつつ活性炭受け止め更に余った水流ポンプを配置することで代謝によるデトリタス体積をさせない構造にしました。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

市販の製品を利用したかのように綺麗に収まっていますね。

プロテインスキマーの高さを高めにセットした分、出力強めでの運用もグッドだと思いますが、もし濃い目濃縮希望で有れば後1〜2出力弱めでの運用で良いかも知れません。


このお客様はプロテインスキマーの前のスペースをフラグサンゴの養生スペースにされていますが、これだけのスペースが有れば、最近流行りのロールフィルターを入れる事が出来るかも知れませんね。

更にポンプをHSBAOのDEP-10000の1台にした事で開いたスペースに、マックスペクトnanoボール12個、更にバイオスポンジLサイズを配置し、脱窒が起こる条件は緩やかに通過する水流の中で発生することから、水流ポンプを入れることにより強制脱窒、更に水中ポンプスペースにもデトリタスが体積しない構造にしました。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

ポンプスペースが空いたことで、ここにろ材を入れておられます。

また水流ポンプを設置する事でデトリタスの堆積を防ぐなんて完璧な対策では無いでしょうか?

キャビネット内の様子が判る動画も頂戴したので貼っておきます。見せたくない部分にはすりガラス風になるフィルムを貼っている細かい配慮に脱帽です。

これにより、水槽内にはハギ各種、スズメダイ各種、マンダリンや甲殻類など、魚だけで34匹、それに貝類やエビなどを飼育し、朝と午後にデルマリンフードなど数種類加えた混合Foodを毎日2.5杯を2回、パープルシーウィード海苔を6分の1枚吊るしながら、3日に1度冷凍ブラインを4つ与えていますが、適正硝酸塩を維持しつつミドリイシもシビアでは無いトゲ、ハナヤサイなど飼育できるようになりました。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管
hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

水槽内も非常にカラフルでサンゴが綺麗にレイアウトされていますね。

配管の提案のお陰で、魔改造効果は予想を超えた結果をもたらしています。

従来の出力50パーセントのままで、クーラーと殺菌灯、セパレートした2つに水流を充分に与えつつ、更に本水槽への循環量も申し分なく回せるようになりました。

単純に改造前からjebaoのDC6000のポンプ1台分の電力をカット出来ました。

さよなら!!jebao!!

出力50%でレッドシーリーファー350を十分に循環してかつ、UVとクーラーにまで循環出来てる。って凄くないですか?

出力を抑える事で高調波も抑えられますし、省エネ運用も出来ますので良いことずくめだと思います。


魔改造の効果が有るのは当然ですね。G2になってレッドシー社自らリターンパイプには大幅に手を入れておられます。多分世界中の顧客より改善要望が上がったのだと思われます。

それとも?開発中のDCポンプをテストしたら予想以上に循環量上がらず、こりゃやばい!!と改良したのかも知れませんが。

中型ポンプ1個分の節電は良いですね。何か起こった時用にバックアップポンプが有るのも良いと思います。

設計に当たってはCADサンプルから改良した点など色々と有りましたが、長くなりそうですので以後、動画や写真などを見ていただけたらお分かりになるかな?と思いますので、ブログなどで自社の製品紹介や、部品販売、知名度アップのネタにでもお使いください。

本当にお気遣い感謝です。沢山の頂いた写真や動画を貼って、ここに紹介させて頂きました。

お客様が仰っられる通り、私が提案した配管では全然収まらずに相当の苦労と工夫された形跡が写真や動画から見て取れました。


 

お客様によるTIPS

ブログ公開の連絡をさせて頂いた所、配管施工のヒントをお教え頂きましたので、ここに記載させて頂きます。

キャビネット内の配管を曲げて壁に寄せてる理由ですが、ボールバルブの形状が壁に密着させると、写真のように支えの方が浮いてしまうので配管接合ネジ部分が大きく本体が壁に密着出来ません。

 

 

※日本の規格と異なる為にこういった工夫が必要になるのですね。

 

結合パーツを多様し壁との距離を持たせ支えの強度アップと、ボールバルブを捻った際の捻りのエネルギーを配管に直線的に壁に伝えることで、捻りによる支えのネジ抜けをさせない為にあえて壁に配管は密着、バルブは壁に対し縦にし、vp25のメインバルブは壁までの距離を短くし、曲げを少なく、捻る時の揺れによる配管のビビりを無くすことで横向きではありますが捻る時の揺れによるネジ抜けを無くしました。

 

更に、細い配管は2本密着させる事で長い配管、揺れでの支えのネジ抜けを無くしました。

もしDIYをなさる方が居らしたら、配管は壁に密着させバルブは縦型設置で壁から離すことをおすすめします。

 

 

水槽背面のエルボー変形は、上記の理由から配管を並べている為、クーラーまで持っていくとクーラー接続する時無理な曲げが発生するため45度エルボーを組み合わせ緩やかに距離を空け曲げてます。

 

これから水槽の設置、配管を設計なさる方がおりましたら、壁から水槽を35cm空けると、配管の設置がラクであったり、水槽の背面のコケ取りが容易であったり、背面から水槽内を見ることが出来るなど利点多く思います。

 

因みに設置を手伝って下さった友人2人からは、ショップかよ!と突っ込まれたのは言うまでもありません。

 

纏めです

正直DIYスキルが相当高くないと、ここまで綺麗に配管出来ないと思います。

今回のお客様は高いDIYスキルと諦めない根性をお持ちだったが故、こんなに綺麗なキャビネット内を完成させる事が出来たのだと思います。

 

レッドシーリーファーG2をお使いの配管マニアの皆様の為に”バルクヘッドコネクター”をメーカー標準として準備されているようです。

海外勢にも負けないような配管やアクロバティックレイアウトを試される方が増えるとアクア業界も盛り上がって良いと思います。

 

今回は本当に綺麗な配管事例をご紹介出来た事嬉しく思いますし、このような事例を紹介出来る機会を頂いたお客様に本当に感謝です。

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Special plumbing plan for Red Sea Reefer 350."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント

超弩級レッドシーリーファー350旧バージョン改造計画

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽  DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

 

ヤフオクで配管キットを購入頂いた方よりメールを頂戴しました。

レッドシーリーファーや各種オーバーフロー水槽用に配管キットを販売させて頂いており、お陰様でご好評を頂いております。

お客様の水槽設置状況に応じたカスタマイズを出来るだけお受けしておりますので、軽い気持ちでこのメッセージを送った事から、壮大な旧レッドシーリーファー350の改造計画はスタートしました。

「何か特別なリクエスト有りませんか?」

大抵の方はここで魔改造水量どの位期待できますか?的な質問メッセージを下さる方が多いのですが、この方は一味も二味も違いました。要約しておりますが以下メッセージをご紹介させて頂きます。

 

お客様メッセージその1

※コメントを赤字で記載させて頂きます。

HSBAOのDEP-10000を使用し、コントローラーの流量設定50にて本水槽に戻しています。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

この赤い配管を拝見した時点で只者では無いな!?という予感が有りました。

 

クーラー側へはjebaoの6000のコントローラーレベル1にてゼンスイ1000α‬を通過し、カミハタ殺菌灯36wを通過し、濾過層の落水部分にVP13の塩ビパイプに繋ぐ構造にしております。

※弊社取扱のプロテインスキマーまでお使い頂いているようで感謝しか御座いません。

 

現在このようなスイッチ盤にて通電管理していますが、水中ポンプをDEP-10000の1本で管理、餌やりや水換え時に電気を切る、また季節の変わり目でクーラー側のボールバルブを閉めてクーラーを外しても使える様にしたいのが理想です。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

 

※このパネルも凄くないですか?この時点でこのお客様は神DIYスキルの持ち主だと確信しました

 

今後バクテリアが定着してからは海外の濾過層の様にろ材の雑然としないメディアのみのさっぱりした濾過層にしたいと考えています。

濾過層を解放してもスッキリした配管に変更可能な手法がありましたら提案頂けますと幸いです。

 

人様に見せても、みすぼらしく無く出来るならば嬉しいです。

 

最後の言葉が心に刺さりました。レッドシーリーファーG2を超える配管を実現して欲しいと思い、下記メッセージを遅らせて頂きました。

 

当社よりのメッセージその1

下記のような3分岐配管にするのがベストだと考えます。

 

  1. ポンプ直上はVP25配管切りっぱなしにして内径32mmホースで水槽と接続します。いわゆる魔改造Ⅲです。
  2. 配管は内径16mmのホースコネクター接続とし殺菌灯をキャビネット内の壁面に移せば、ホースも短く格好良く収まります。
  3. クーラー配管は内径19mmのホースコネクター接続とするのが良いとは思います。

写真を拝見してお客様位配管が組める方なら、弊社分岐配管を購入する必要無いと思ったのが正直な所です。

もし良かったらパーツの洗い出し等お手伝いしますので、ヤフオクはキャンセル頂いて結構ですので、ご自身で全配管組んでみませんか?

 

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

メッセージ送付後、かなり速い時点で海外にも負けない配管チャレンジへのご参加を表明頂きましたので、すぐにCGを作って完成イメージと懸念点を纏めてメッセージを送付させて頂きました。

 

当社よりのメッセージその2

  1. ターボツイストZ36Wは大きすぎてキャビネット内に収めるの無理です。(奥に横向きなら入るかも知れません)
  2. 3分岐配管は滅茶苦茶格好良いですが、施工は大変です。(正直CGはごまかし利きますので書くのは簡単・施工は大変です)

 

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管
hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

このメッセージを送った所、またまたすぐ返信を頂戴しました。

 

お客様メッセージその2

※コメントを赤字で記載させて頂きます。

 

諦めたら試合終了( ॑꒳ ॑ )デスヨネ

 

メッセージの最初にスラムダンクの名言を持ってくるなんて、センス良すぎですよね。

多分「施工難しいですよ」に対してのカウンターだと思いますが、正直ツボりました。

 

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

背面に板にフックを付けたものを設置、水槽台に無駄な穴を開けずに殺菌灯を設置する留め板を作りました。 

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

次いで殺菌灯のホース差し口と出口の距離確認

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

殺菌灯フロー管を設置するために必要な距離と位置の確認

最後に、殺菌灯とクーラーへの水の送り配管スペースの確認、これによりCADで仮定されている排水系統のスペースは実現出来るだけの間口は整いました。

 

レスポンスの速さと行動力に脱帽です

次に濾過槽レイアウトです

 

濾過層内にあるライブロックは無くす予定ですが、定期的に天然ライブロック導入にてバクテリア補完をするため、水中ポンプが無くなった左スペースに籠投入するものの、美観を損ねるためそこはお店などに使うすりガラスタイプのシートを貼りたいと思います。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 プロテインスキマー

空いた中央スペースにUの字にカット、見えるようにした状況にて、フラグ水槽を実現させます。

 

配管だけでなく、サンプ内も綺麗に仕上げる為に沢山のアイディアを実行されようとしておられます。

 

実用性と美観を加味した設計の場合、バルブの位置はCADの様に縦配列が良いか、又はバルブ全体も見せるために横又は斜め配置させるべきかと、流量その他を加味して3系統をする事に不安要素は何があるかを知りたいと思います。

 

更には、元の所有者が配管の赤を作りたくて配色してありますが、やはり塗料の特性上特殊なものだったらしく手間と塗りムラ、更には海水魚に使えるものだと、とてつもなく高かったとの事でしたので、これを私は家具などに用いるシールをぐるり巻いて実現しようと考えております。

 

上手く行けたならネットで見当たるREEFERアレンジの中では多少近代的部類に寄せられるのでは?と思っています。

 

このお客様の計画通りに配管が出来れば仰るとおり、最高にクールなキャビネット内になる事が想定されます。

 

ここまで仰って頂いたら、こちらも最大限にご協力しないと失礼に当たると思い、気合を入れたメッセージを送付させて頂きました。

 

当社よりのメッセージその3

お客様の情熱とDIY能力を見誤っていました。

そこまでされる方ならレッドシーリーファーG2にも海外勢にも負けない物出来ると思います。

赤色配管含めて調達の方法はいくらでも御座います。私が考えつく一番ベストな方法を

考えましたのでご検討頂けますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管
hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管
hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

必要なパーツは下記の通りです。

hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管
hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管
hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管
hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管
hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管
hsbao dcポンプ レッドシーリーファー オーバーフロー水槽 DEP-10000 DCポンプ オーバーフロー水槽用分岐配管

 

纏めです

このお客様は配管完成後に各種写真や動画を公開頂ける予定となっております。

皆様完成楽しみにお待ち下さい。

 

最近米国からの多くのアクセスを頂いております。

本当に有難いことです。

 

Thank you for reading this blog.

I am sorry for the description in Japanese only.

 

This page article "Special plumbing plan for Red Sea Reefer 350."

 

Please use a translation software such as Google Translate.

This blog is link free.

0 コメント